2017-11-25

20171125 二子祠

ぽかぽかした1日でした。






























二子に来たぞ。

だが、弓状じゃなく
持久力をつけるため祠で鬼ヶ島

ピーマンでアップして
1便目
途中から間違えて右となりの鬼ごろしに行く。
気づいたときは遅し。
行けそうと思ってそのまま突っ込んだが、鬼に退治された。
まじ12abか?核心理解できん。

2便目
確か1年半ほど前にやったときは、終了点でサイドガバに持ち変えられずに落ちていた。
それをすっかり忘れてサイドでとらずにスローパーで保持。我慢したが落ちた。
もう一回終了点のムーブやり直し、
今度は、意図せずジャミングになった。
つうか、意図せずって意味は、思わず指が挟まってしまったってことで
がっちりだけれど想定外の指イタタ。

3便目
久しぶりの石灰岩のピンチ持ちやらアンダー持ちやらでにぎにぎしたため、指皮すり減ってうっすらピンク。
3便出したら皮がなくなる。
血のにじむ思いとはこれを言うのかとか。
終了点でまた指挟んだらちぎれそうとか。
出だしですでにややネガティブ。
負けそうな自分を追いやってほいほい行ったが、
今度は、そのまま行き過ぎて途中から左のごんべえに行きそうになる。
ごんべえに行ってしまうってしかも3便目にってのは、自分でもひどすぎると思います。
クライムダウンして鬼ヶ島に戻り、登り返したが、前腕つきる。
7クリップ目あたりでテンション。
というか、こんなんですでによれてました。


休み休みでトップアウト。
11台にしては、長くてつらいけど自分のムーブ力でも登れそう。
しばらくやれば、なんとかなるかな。


今日の登れなかった原因は、
持久力不足だけではなく
脳みそポンコツだった。

次回、
鬼ルートなので
桃缶か、きびだんごを食べて成敗するのがいいのかも。

2017-11-19

20171119 有笠アドベンチャー


急に寒くなった。
12月末並みの寒気が入って来たとかで中之条は朝まで雪の予報で
スタッドレスタイヤに履き替えた。
1,000m以上で雪だったのか榛名山の榛名富士は真っ白になっていた。

有笠の山肌が真っ白になっていると思っていたが、道にも山にも雪はなし。
東口の登山口からケイブとアドベンチャーに分かれてはいる。
自分達は、多少は日当たりがよいアドベンチャーだが、
気温は、日中でも4~5度。
だんだん寒くなるのなら体も適応していくのだが、
一気に寒くなってしまったのでしんどい。

いっぷくエリアでアップを2便だして
感謝の心を3便出した。
各パートごとのムーブは、思い出せて再現出来た。
確実にムーブができるわけでもないし、無駄な力を使いすぎなので
まだまだすんなりは登らせてもらえないが、
やっと12aのルートでもどうにかなりそうなレベルまで来た。

帰りに子持の湯に入って冷えた体を温めていたところ、
左足の小指に違和感が、
付け根にちいさい魚の目発見。
やんなってくる。


2017-11-05

20171105 有笠ヘルケイブ


有笠の山も色づき






















谷川岳の稜線は白くなり、


東北東に面したヘルケイブは、日差しが入ってこないので寒い。
ビレイヤーはダウンジャケットを着だして























昔一緒にルンルンをやっていた友達は、正対引き付け師を解決しだして






































まだ12なんてと思いつつ、
ここに来たら登れなくても練習とブラストをやる。

4年前に登ったときのムーブを思い出した。
そんなむずかしい登り方をやってたのか。

怖くて動けねえ。

12に手を出す気になったんだからよしとしましょう。


2017-10-15

20171015 有笠フェアリーとヘルケイブ

フラッシュなしでもこれだけ撮れた。カメラはすごい。

前線が南にあるので群馬の北の方は、雨が少ないと思って有笠のフェアリーに来てみた。
雨だが、洞窟のまわりだけはなんとかできる。
パスファインダーでアップして
入梅にヌンがけ

昼頃に普通に雨が降り出してしまい、
ケイブに上がると状態ばっちり。
知り合いがブラストとルンルンをやっていたので
ブラストの出だしだけやらせてもらう。
出だしだけなんどかやってなんとかできた。

夕方にフェアリーに戻ってきて
暗闇の中、照らしてもらって入梅をやっつけようと
11b/cはアップで登れるのに11aを落とせませんでした。
かぶりがきつくなるとフィジカル的に足りてなくて動きが悪い。

一度落ちてしまったのだからやり直しなのだが、すぐ戻るって訳にはいかないねえ。
自分の都合でレベルが落ちたのだからしかたがないのだ。

いいんだ。
美容と健康にいいし(がんばりすぎるとどこか壊すのだが、)、
ボケ防止にもなるし、


2017-10-09

20171009 有笠南国



3連休なんですけど
土曜日雨、仕事
日曜日、仕事関係の書物に目を通す。たまってるんだな。
仕事関係のやるべきことがたまりにたまって
またにっちもさっちもいかなくなるのはなんとしてでも避けるのだ。

仕事優先ふうに言ってますが、
それもあるけど
両立させられなくなってしまい、クライミングにブランクを空けると戻すのが大変なのをつくづく感じさせられているからだ。

月曜日
有笠南国エリア
南国エリアは初めて

ヌンがけのつもりで予選落ち5.11a/bを出す。
7クリップすべてテンションなしで掛けてしまった。
オンサイトトライのつもりなどまったくなしだったので
予想に反してここまで来てしまったのだ。
(自分の現実のレベルを冷静に受け止めているつもり。)
あとは、かぶったハリボテの上のホールドがどうなってんだかわからなくても思い切って手を出すことだ。
だのにこんじょなし。やめてしまった。
テンション掛けてのけぞってみたら
最後の一手、しかもドガバだった。
まあよし。
なんたってやっとランボの5級が終わったレベルですから。

このルートは、一撃できないと予選落ち?
2便目で落としたってことは、
予選落ちから敗者復活戦で救済されたようなもんですかね。

この後も、出前一丁12aの核心手前まででいいかのつもりでだす。
予定通り、まったく核心で話になりませんでした。

最後にアドベンチャーに上がり、感謝の心のスタートで飛んでみた。
いや、飛んでみようとしただけだった。

まだ12をやるレベルまで戻ってないのでした。


2017-10-01

20171001 有笠アドベンチャー



指の保持力も持久力もなくなってるのをひしと感じ
リード壁で練習を...11aまででした。
これが現実だ。ここからだ。がんばろう。

今週もアドベンチャーで
先週の続きの探検隊
高さはあるのでこえー、二度とやりたくねー。なのでぜってー落とす。
というネガティブ積極。
またこえーっつってどんどんステミングで上がっていったら核心を超えていた。
ガバ目の前。がっつり取ってカンテに左手を伸ばしておしまい。
これでは、超お買い得12aどころではなく10d位。
左回りのフェイスでクロス右手取りは、12aでは辛すぎだし、
右回りステミングは、核心手前のガストンガバまでの限定にしないと簡単すぎるし
よくわからんルートだった。

午後から、試しに感謝の心の出だしランジ。
指の保持力もないし、かぶりでのムーブ力も衰えてるし
セットポジション自体を決められないためうまく飛べず。
なんとなく感触は、思い出せたような気がしたところまで。
そんなもんだな。

今週は、2日連続で外岩でした。
2日連続は、まだ無理と思っていたのでこれも想定外。
壊れなかっただけでもよしとしました。

TKIさん用心棒RPおめでとうございました。


2017-09-24

20170924 有笠アドベンチャー

9月10日から週2回ジムを再開しました...5級登れない。
鉄棒で懸垂しても5回できつい。
外岩はずっと先のつもりだったが誘いが来た。
まわりは、ぐんぐんレベル上がってるだろうしついていけねーと思いつつ、
誘われなくなってビレイヤーに困ってしまうのもさみしいので
山の空気を吸うだけでもいいかと
久しぶりの外岩でして
有笠アドベンチャー

アップ宝探し10c
最後きついので不安だけどやってみたらまあまあ体の動きがいい。
MJが探検隊12aをやるというので調子に乗って自分もやろうかな。
5級登れてないのにいきなり12台は、無理なわけで出だしでぶらん。
ごまかしながらトップアウト
どう登るんだ?フェイス直登は、12aじゃねえし。
で右回りが12aだろうとなって(これだとかなりのお買い得になる。)MJに教えてもらって2便目に解決。
3便目
3便出したら体が壊れてトップアウトできない予感がしたので先にやらせてもらう。
案の定、最後の左2本指ポケットから右手ガストンスリット出しで力尽きてしまった。

再開初日で12に手を出すこと自体思ってもいなかった。
しかも最後の核心あと一手(そうとうなお買い得だな)なんて
今の自分には十分すぎる結果なわけで
帰りのアプローチ道は、本よれでくたくたでした。

まだやることがあるのでクライミングに集中はむずかしいのだが、
やるきあるぞー。復活するぞー。
なのでまたよろしくお願いします。


2017-07-09

20170709 瑞牆カサメリ



今シーズン初瑞牆
空気がひんやりして涼しい。

コセロックでアップと思っていたが、すでにトップロープが張られクライマーががんばっている。

とりあえずコロッセオまで行って様子を見ようとなり、
真実の口で一組登り終えようとしていたのでアップ。

一段上に上がり、NDDもトップガンも誰もいない。
こんなときこそやっておくべきとなって
HTさんとふたりでNDDを出してみる。

半年ぶりの12台。しかも、いきなりの12後半。
振り出しに戻ってました。
それでもなんとなくスローパーの感触をつかめたような気がしたので良しとする。

コセロックまで戻る。
コロッセオから数百メートルしか離れていないのだが、
気温も違うし、雰囲気も違う。
平和な広場なのだ。
昼寝をしながらまだ触ったことのないルートで2本ほど遊んで
ナナーズのカラファテに寄って帰ってきた。




帰りに豚のはなで食事をしたら覚えててもらえて
とんかつ定食に唐揚げのおまけが一個付いていた。
あいかわらず感じのいい夫婦
あいかわらずピッカピカに磨かれている壁、調理台、鍋。
また来てしまったという店なんだな。


2017-07-02

20170702 河又

カメラ忘れたのでスマホで。普段の写真の良さは、カメラのおかげだな。

いよいよ梅雨前線が北上してきた。
天気予報では朝方まで雨。
最後まで外岩にいくかどうか迷ったが、とりあえず行くことにする。
道路がまだ濡れていて岩場に着いてみたものの全体が濡れている。

どうしたものか。
せっかく来たんだから、
一段上の壁で濡れが少ないダンスリミックス11cを触ってから決めようとなった。
だれが最初に行くか?
すません。僕逃げました。
HTさんが、プリ棒を使いながら張ってみたが、足置きが滑るし
危なくてとてもリードでは出来ない。

トップロープのまま3人で回すことにした。
ひさしぶりの薄かぶりカチルート。
遠いホールドをフリで取りに行く動きをしようもんなら止まらない。
壁際に這わせて腰を入れスタティックにカチを止める動きがなかなかできない。
3便出したが、核心解決できず。

こんな状態なのに岩場には25人ほどいて4ルートぐらいに集中していた。
日中雨は降らなかったが、標高が低いため蒸し暑くてじっとしていても汗ばむ。
過ごしにくくなった。
そろそろ別な岩場かな。

2017-06-24

20170624 河又


AYさん

梅雨前線がだんだん北上しているが、まだ毎週クライミングができている。
梅雨入りして外岩自体行く人が減ったのか岩場は、自分たちともう一組が午前中だけ。


TKIさん

静かな岩場になったおかげなのか(ときおりおやじクライマーのうなり声がするけど)
アップをしていると頭上でもさもさ。
今週もムササビを見ることができた。
昼過ぎに登る準備をしているとちょっと離れた木の枝にリスが。
子鹿もちょくちょく見ることもあるので
ここは、東京近県の割には、案外動物が多い森のようだ。

見るだけでむずかゆくなる写真は、余計か。


やっとこづくりにんが登れて11aから11bにひとつグレードがあがった。
11bにどんだけかけているんだか、だけどそれが現実だから受け入れる。
ひとつひとつのムーブは、とっくにできていたのだが、
最後の足置きが見えないのがいやでいやで
足下を見るのが怖くて怖くて
ショートルートでロングフォールにびびって
ムーブが起こせないでいた。
たぶん、必死の形相で登ってたんだろう。

もう少し、このグレードで岩慣れしましょう。


2017-06-18

20170618 河又


一緒に行ったふたりは12dやってました。





朝、車の中でくしゃみを連発したら背中に近い脇腹に痛みが、
くしゃみ程度と思っていたら
アップをしてみるとどうにも痛くて痛くてがまんできない。

指で押しても痛くないので
やはりたいしたことないかと
痛み止めを飲んでしばらくじっとしていると痛みが引いてきたので
午後から小作人を出してみたが、やっぱり力がかかると痛い痛い。
結局翌日になっても痛みが引かず。
ぎっくり脇腹みたいなもんなんか?

岩場は、リード3組、ボルダー1組がいたけど
午後にはみんな帰ってしまい、自分たちだけ
クライマーよりも洞窟見物の人の方が多かった。


2017-06-15

170615 河又






















特別に落としたいルートがあるわけではないのだけど、
平日に休みを取った。
なんとか一緒に行く人を確保して
平日休み取るぞー。うらやましいだろー。とメールをしたら
いつもの仲間も俺も休みを取る!となって4人で河又。

岩場には自分たちだけ4人。
平日休みを取ってまで来るところではないのか。
そのかわりひとり1ルートで自分のペースで人目を気にせずできる。
湿気はあるけど涼しいし、遠いところで動物の鳴き声がする。
静かで昼寝もできるし
平日クライミングっていいね。





2017-06-11

170611 河又でこづくり


梅雨入りした。
だめだったらジムということで予定通り、今週も河又
有笠にも行ってみたいが、またヒルがお出まししたとのこと。パスだな。

先週宿題になった10台の泣かないで愛ちゃんをやっつける。
初見でぼこぼこにされてへこんだが、あっさり登れた。
そういうルートか。

次、イレブンb。グレードをいっこずつあげる。
こづくりにん。
ふつう、こさくと読むのか?

3クリップ後が怖くてフォール。ケツぶった。あとで腫れ上がって桃3つになってしまった。
最後の一手。ガバ取りなのに手が出ない。
これもたぶん落としてみれば、なんてことないのだろうが、
どうもまだムーブを繰り出すのに見上げた瞬間ためらってしまい視野が狭くなってしまう。

以前の動きを取り戻しそれを実感しないと体が動かないようだ。
筋パワー、筋持久力、ムーブ力。やることいっぱいある。
あいかわらず仕事もそこそこあって金曜は徹夜で朝5時まで仕事してたし、思うようにはいかないもんだ。

ホールドを握ったままでいるとじっとり湿ってしまう。
雨でできないよりはまし。
森の空気を吸ってムササビも見れたのでよしとしよう。

























2017-06-04

120604 河又 やっとイレブン実力まだテン



本日、ビレイパートナーのTKIさんが、おもらい12bcをRP
おめでとう。
垂壁ショートルートで12bcってのは、そうとうテクニカルでずり落ちの恐怖もあると思いますよ。
わたくしには、ムリっす。嫌っす。

こちらは、大五郎でやっとイレブンクライマーになれました。
ムーブをスムーズに繰り出せると気持ちよく登れるルート。
そうなるまで何便もかかったのでやっとこさでした。

案の定、その後10cでトップアウトできねえんじゃね?ぐらいにてこずった。
河又の足置きツルツルなんとかならんもんかね。

復活を目指して下から積み上げるのを
まったくやったことのないタイプの壁でやるってのは、どうなんだ?
ムーブはいろいろやってみるべきか。


2017-05-28

170528 河又


いよいよイレブンを中心にやることにした。
人気ルートの大五郎
準備しているとやる気満々そうなちびっ子が順番を入れてくる。
こいつらと一緒か。
すぐ落とすんだぜ。
一撃を狙ったがワンテン
案の定一番やる気満々だったちびっ子が、一撃。
自分は、2便目3便目とどんどんだめになり、落とせず。

また来週もちびっ子達と一緒か。
またおいて行かれるのか。


2017-05-21

170521 河又5.9リベンジ

おもらいでがんす12bcのTいさん。垂壁カチ1級はあるとか

土日小川山でハンモックにて昼寝の予定が、
家族の用事のため行けなくなってしまった。
久しぶりの人たちにたくさん会えると思っていたので残念。
土曜の夜に用事が済んだので日曜河又にまた参加させてもらった。

標高が低いので暑いだろうと思っていたが、
洞窟前は、冷気が吹き出してきて涼しい。
ここだけ真夏でも涼しいんだ。昼寝にいいわ。

前回登れなかった5.9リベンジに燃える俺。

なんともはや低レベルなのだが、現実そうなんだから受け止める。
あっさり登れた。ちいさくやったー。

前回おそろしかー。と思って手を出せずにいたいきのいい奴10a。
見た目でそう思い込んでいただけだった。ちいさくやったー。
10台登れてうれしがる俺。

内心では、まだ外岩の壁を見上げただけで怖い気持ちが残っているので10台で壁慣れもいいが、
動きがちまちましたままで戻らんなと思い勇気を出して11台やるか、
小作人11bがあいていたのでやってみる。
3クリップ手前までムーブ全開、フルパワー。
ズドドドーと行ってホールドわからず、ATP枯渇、再合成間に合わず。
ここで終わった。

筋肉の無酸素運動の限界下がってるし、力んで息止めてるしでこんなもんだが、
眠っていた筋肉を覚醒させるにはよかったし
動きは、できていたので良しとする。

この後河原の駐車場トイレまで往復1km歩いてぐったり。
有酸素系の運動をしたと思えばいいか。

となにかと肯定的に受け止めているけど
基礎体力からしてまだまだってこと。
復活は遠い。

次回、目指せ!イレブンクライマー。


2017-05-06

170506 河又


4月の最後の週から公園でジョギングを始め鉄棒にぶら下がったりして
4月28日からジムに行き始めた。
ずっとジムにも行かず運動らしきこともしなかったので
じっくり2~3週間かけたら外岩に行こうと思っていたが、
外岩メインだった自分には、
3回ほどジムに行ったところで
室内にいるのがいやになってしまった。
外岩の空気を吸えるだけでもいいと思い、知り合いにお願いした。

初河又でした。
ミヤザキミドリで足が滑ってずり落ちしたり、
5.9のルートで前腕の力不足で引き付けられずテンション掛けるとか、
ハイキングやってた人が興味あってクライミング始めましたみたいになってました。
そんなグレードのルートばかりでしかも午後3時には上がったのに
家に帰ったら疲れ果てていた。
ここまでひどくなってるとは、おもわなんだよ。

生活の中でクライミングのバランスをうまくとってたつもりだったのだけど
実は、仕事の質にこだわることを避けていたり
家族をほったらかしにしたりしていて
今回は、クライミングを犠牲にする羽目に陥ったという自業自得。
ひとつずつとってもいまひとつで、
ましてや3つともうまくこなせる器用な人間じゃないことを自覚した。

とりあえず復帰しただけで足手まといになるレベル。
こんなんですが、またよろしくお願いします。



2017-01-14

170114 二子弓状



今年一番の寒波だそうで
朝、藤岡市を抜けたあたりから道にうっすら雪がつもり、蛇行したタイヤの後も。
どこから二子に上がるか悩みつつ、
途中タイヤチェーンをつける覚悟で群馬側青梨子から入る。
少し制御を失ってしまったが、なんとか登りあげる。

岩場に着くと雪が降り始め

とにかく寒い。

19人いたが、午前中で5人帰った。


出ました。弓状冬の風物詩


















マイライフだが、
体の動きは先週より良くなってきた。
少しずついい調子になってきている。
しかし、寒い。
手指が冷えてどこを握ってるんだかわからなくなる。
パイル地のカバーソックスを履いているのに
そんな程度では、まったくだめ。
足指冷え切って寒いの通り越して痛い。
凍傷になりそうな気持ち。
2便出して萎えた。

3便目は久しぶりにノースをやってみたが、
6クリップまでで岩の冷たさと足指の痛さに我慢できず降りてきた。
しばらく下でうめき声をだしてしまった。

そんな寒い日にようこそTウォール13aをレッドポイントした人もいて
自分は、まだまだ修行が足りんのか?

いやいや-6度だぜ。
登れる方が変態でしょ。

って...そう言いながら、明日も行くんかい?


この気温だぜ

















2017-01-09

170109 二子弓状


昨日から明け方まで雪が降り、
青梨子から入ってみたが、雪がふかふかのため途中で引き返し
299号なら一応国道だし除雪されてるでしょってことで
志賀坂峠、坂本経由で二子に入った。

アップのルートは、軽く登れたのだが、
昨日2便に抑えておいたのに疲れがとれてない。
傾斜の強いルートとなるとぜんぜんだめ。
1クリップごとじゃなくて1手ごとのテンション。
ひでえもんだな。
保持力が落ちてスタで取れてたホールドが取れず。
ムーブも変わり、足位置も変わってしまうの悪循環。

明らかにスタミナ不足、保持力不足。
11日間のブランクでこれほどまでに衰えるとは、


2017-01-08

170108 二子弓状

年末に熱が出て寝込んでしまい、11日間運動すらしなかった。
動けない体になってしまったかと思いつつ5日にジムへ。
そこそこ登れた。

さて、外岩はどこに行こうか、弓状はきついなと思っていたが、誘われてしまった。

天気予報は、夕方から雪なので3連休の真ん中なのに6人。
平日よりすいてる。
唐獅子1人
任侠1人
おいしいよ1人
マイライフ1人
私生活1人
好色1人

自分のマイライフ
たぶんだめだろうと思いつつ出してみたら動きは、結構良かった。
ただ、2便目で保持力がなくなってしまった。
筋持久力が落ちた。

体力作りからやり直そう。

天気予報通り雪になってしまいました。
二子の駐車場からの道は、夕方4時30分で積もってました。