2016-11-27

161127 有笠アドベンチャー




わかっていたけど根性があれば何とかなるだろうと勝手に思い込んで来たんです。
しかし、予報通り昼過ぎから小雨が降り出し、
根性があってもどうにもならんかった。

できるルートは、感謝の心だけになってしまった。

それぞれやりたいルートは違っていたが、
こんな日にこのエリアに来たのは、俺たちだけ。

やることは、ほかにないでしょ!
感謝の心のランジ大会


リード経験ほぼ無しの大ちゃん。12a出だしランジ決めちゃってました。

MJ兄さん。さすが、高速連写でも動きが止められない。



出だしランジも湿り気たっぷりでカチから手が抜ける。
なんとか飛べばガバホールドなので止まるが、
3クリップからの薄かぶりカチパートは、霧雨が岩をぬらし手がズルッ、


秘密兵器登場これあったかいっす。もうちょっとここでできるぞ。





でっ、登れたんかって?こんな日に登れるわけないっしょ。



おまけの写真2。飛びすぎか。
おまけの写真。せーの!





2016-11-20

161120 有笠アドベンチャー

一日中フリースだけでいられました。


僕はクライマーの風上に置けないダメダメです。

今日も感謝の心12aでした。

すぐ落とせる気がしていたので
なんか、本気汁が出ないんだよねー。とか言いながら
動きが雑になっていました。

夕方になってその日のアドベンチャーにいたクライマーの最終トライ。
この日感謝の心4便目。

お母さん、感謝してます!と大きな声で言いました。

出だしのランジもばっちり決まり、
3~4クリップ間は、右サイド直上のオリジナルラインで
4クリップまで危なげなく決めて
これは、行けるなと手応えを感じました。

4クリップ後片手ずつシェイクしながら
(この日ここにいたTKIさんもHIWさんも成果が出てなかったのでオレだけ登れて)
付き合い悪くてごめんね。
と登ったも同然みたいなことを言ってしまいました。

次の一手、左手穴ホールドにゆっくりとスタティックに手を伸ばしたところ
なんと空振り。
そのままふわーっと落ちてしまいました。

油断していました。

きっとクライミングの神様は、
にわか感謝の心を装っていたことも
途中で登ったぜーみたいなことを言って
登れれば友達なくしてもいいやと一瞬思ったことも
見抜いていたのでしょう。
そんなわけでクライミングの神様に見捨てられてしまいました。

お母さん感謝してますだけじゃなく
ビレイヤーのTKIさん感謝してます。
みんなに感謝します。

5.9だろうと10台だろうと11台だろうとすべて本気で登ります。

心の底から反省しています。

TKIさんともう一回来れるかなとなってしまいました。
NDDと同じく宿題か?12aだぜ。


あっ、そうだ。
来週は、TKIくんが城山に行くと言ってるので
MJを誘って落としてしまおうかななどとは、まったく思っていません。
反省してますから。


2016-11-13

161113 有笠アドベンチャー

落ち葉がふっかふかに積もっていい感じの森でした。

めずらしくひよこちゃんと有笠アドベンチャー。
ケガの治療が続いているようで10台もあるエリアでちょうど良かった。
有笠にはかなりクライマーが入っていたようで
アドベンチャーにも20人以上出入りして人気エリアでした。

今日は、感謝の心12a
海賊船下部という感覚だったので
1便目から練習のフリしてやる気満々。

だったが、

気負いすぎて動きが雑になっていた。
3便出して3便目に細かい修正が済んだってとこで時間切れ。

海賊船を探るどころか
2日連続で12台を落とすもくろみは消え失せた。

思った通りにすんなりばかりではつまらなくなるから、これでいいんです。


限界グレードに手を出せるように少しずつ追い込んでいこう。


2016-11-06

161106 瑞牆カサメリ

コセロックの前。葉っぱは落ちて寒々しい風景になっていた。

ヨッシーさんとふたりで今シーズン最後のカサメリに入る。

前日とはうって変わって西高東低の冬型の気圧配置になってしまった。
コロッセオまで入っていくと雪山の寒さに近い。
それもそのはず確かここいら標高1650mほどだから。
真実の口でアップ。
一日中陽が差さないルートなので冷えきっている。
指の感覚がなくなってしまった。

降りてきてさすがにこれは、無理。
先週もヨッシーさんと黒岩で寒い思いをして学習したはずだけど、

これにてあえなく今シーズン最後の自分のNDDとヨッシーさんの神の手は、トライなくして終了。

甲府幕岩に移動しようと
コセロックまで戻ると日差しが届いていてやや暖かい。
また予定変更して
姐御岩で金のわらじ12aをやることにする。
ここは、10度以上あっていい気持ちで昼寝もできた。

金わら
教えてもらってやり方はわかったが、
左カンテで保持してからのハング上のカチ取り。
手を伸ばしたが届かなかった。
ていうか、このルート得意じゃないな。

じゃ、得意なタイプはあるのか。
ありません。
なので不得意ばかりの中の大不得意に認定いたしました。

ずっとやりたくない宿題になっちまうのか。
日だまりのエリアだったのが
日が陰りだした2時過ぎからどんどん冷えだして
夕方には、2度になっていた。

こんな日にここに入るやつは、もうひと組いた。
あの人、えーと、二子でおいしいよーを一緒にやった人でした。

そんな消化不良な1日でした。

そろそろ二子か。
みんなが行くんなら行きますけど
自分も含めて宿題残してるやつばかりなんだよね。
あっ、二子にも。あの怖いルートが、



2016-11-05

161105 有笠アドベンチャー

紅葉がいい感じでした。


MJとTKIさんと有笠アドベンチャー。

アップ
いっぷくエリア大福5.9
やったー。
これでいっぷくエリアコンプリート。
5.9から11aまでの4本しかないんですけど。
フェイスブックにあげても「いいね」は、ほぼ無しなんだろうな。

次、宝探し10c。これも初めてだった。登れましたー。
やったー。
あとは、昼寝でもしてようか。
この次元で満足か。
テンション低いぞ。
いかんです。

TKIさんは、アドベンチャーの用心棒12bを落とす!つもりだ。
なので横はいりして自分も用心棒を触ってみるかで
テンション少し上げる。
こちら本気なRP便のTKIさん

こちら風邪引いて仕事休んだけどクライミングは休まない人。正しいです。

































用心棒
1便目
下から見ていていったいどこにホールドがあるんか?登れる気がしねえ。
で、探りのつもりが、なんとびっくりだいたい解決。

2便目
ホールドの持ち位置、引く方向、足の置き位置を修正。
ほぼ解決。

3便目
今日は、2便でいいのにとか言いながら、
自分がクイックドローの回収かしょうがないなとか言いながら、
本気で3便目を出す。
途中で力尽きるのだろうから、RP便ふーなフリに過ぎないけど。

RP便フーな出だし。

4クリップ手前の縦穴取り、がっつり取れるつもりで左手を伸ばしたら右手がすっほ抜け。
午後4時近くになって気温が下がり、穴ホールドの中が湿っていたためだ。
ここいら積み重ねた経験でカバーして想定しておくべき。
残念ながら経験を蓄積するための学習能力も衰えている。

悔しそうな声は上げたが、あくまでもRP便ふーだから、はたから見れば、悔しがるほど登れてるわけではないのだろう。

次回は、まじRP便を出すつもり。
問題は、日が空くとまたホールドとムーブを忘れるところ。
スプートニクのイメージだけど知らないかなあ。
村上春樹の小説の方が知られてるかなあ。
毎回新鮮でオンサイトトライの気分が味わえると思えばいいのだろうか。

自虐的じゃねえぞ。
冷静に自己評価しての積極的ですから。