2015-12-30

151230 二子弓状


今年の登り納め。
風が弱く穏やかに晴れ渡った空はすっきり。




おいしいよーのクイックドローが、下から6つまで回収されていた。
朝、見たところ今日のおいしいよーをやるクライマーで時間がかかりそうなのは、自分だし
よその岩場では自分で登るルートは、自分でヌンがけからするのが普通なので
アップを軽くして1便目は、アップの続きでヌンがけとする。

毎回おいしいよーをやった次の朝は、前腕よりも腹筋と腰回りの筋肉痛になる。
やや遠めのホールドを伸び上がって取りにいき
その瞬間、体幹をかためて保持する動きが何カ所かあるからだ。
1便目のあと左の腰から背筋が痛む。
なぜここが特に?
核心のピンチ取りだ。
左足にのり、左足から左手までまっすぐに伸び上がってピンチを取った後ガチッと体幹をかためる。
よく言えば、体幹を使ったムーブをしている。
悪く言えば、スッと立ち上がればいいのだから
筋肉を痛めるのは力みすぎ。

おいしいよー5人だったが、
1人はずれて4人。
4人は、互いに知った仲でそれぞれのペースでどうぞとなった。
集中できる。

2巡目
先日一人で弓状に来たときビレイしていただいたSZさんが、
この日の2便目でおいしいよーRP。
朝から入念なウォームアップをしてたのでRPのための意気込みがあった。
あれをウォームアップに取り入れるのか?弓状で見たの初めて。
左手二本指ポケットから始まりバケツホールドまで個人差があるが12手から15手ぐらいかかる。
この間、呼吸を途切れさせず
集中力を維持し
保持力が切れつつあるなかで耐えて
すごい気迫でした。
今日このルートでグレードを更新とのこと。
おめでとうございました。

これで上3つのクイックドローが、回収された。
また自分が、セットしようと思ったが、
MJに
「俺やってもいいけど上のヌンがけする?上3つだからトップアウトしなきゃいけないけど。」

MJトップアウトはしてたし、いやとは言えんな。
最後のクリップからフォールまでしちゃってがんばってました。
これで下6つまでが自分、9つまでがMJ。
心置きなく登れます。

3便目。
となりのウッチーのSVPのスタートの後、自分もスタート。
ウッチー、でかコルネでレストの後自分の左1~2mをフォール。
なんで?そこで落ちるか?と思いつつ
自分も4クリップ目のホールドを取りに行くときフォール。
なんで?そこ落ちるところじゃないでしょう。
仲良しなんで付き合ったんすよ。

連れテンション略して連れション
男同士だなー。

フォール後すぐたぐる。
続けて登ってきたのと同じぐらいの筋肉の感覚でまた登りだし、
ムーブを連続させてピンチ取りが止まった。
保持したまま右足をあげようとしたが、耐えきれずテンション。
おそらく下から続けてきてピンチを取ったときの左手の感覚がこんなだとわかった。
うーん。止まってからもつらい。

この日、
拝みホールドの右手の持ち角度を中指2時親指8時ぐらいに変えて
バケツ前右手クロスの右足位置の確認もして
ゆっくりのスピードだけど
4便だせんじゃね?ぐらいに
すこーしずつムーブが確実になってきている。

もちろん、来年に持ち越しになったが
グレード更新しようとしているルートに集中して取り組む
普通にある1日が、今日も普通に過ごせた。
何か特別なことがあってもなくてもいつものようにいつものクライミングが出来る。
これが一番なんだと感じた1日でした。

一緒にクライミングをしてくれる人が少し増えて
一年間、無事過ごせたことに感謝。
また来年もよろしくお願いします。


今日の1枚。任侠あさやん。



2015-12-27

151227 二子弓状


とうとう0℃を下回ってきました。
おだやかな晴天なんですが、日本海側が雪のようで空気はヒンヤリです。
























両神山も山頂付近は、雪雲っぽいです。
























弓状は、人は少なめで
今日のおいしいよーは、5人。
途中でひとり増えてひとり帰ったのでずっと5人状態。
このうちMJと自分以外は、RPトライです。

昨日、スターウォーズを見て
とんでもない迫力に興奮冷めやらぬままで、
映画みたいにフォースが覚醒して急に力が出るんじゃないかと

そんなわけは、なかったです。
自分は、相変わらずピンチ取りでテンションでした。
2便目は、ピンチ取りをする前の拝みマッチで落ちてしまいました。
そこからやり直そうとしたところ、
右手を人差し指から小指の4本で保持していたのですが、
親指を決められる凹みがあることに気付きました。
これで親指を効かせてわしづかみにして強く引き付けピンチ取りができることがわかりました。

ピンチ取りでピンチになってましたが、ピンチはチャンスってことですね。
でも、他の人もすでにその持ち方をやってたみたいでした。

3便目に新発見のホールディングで核心を突破しようとしたのですが、
核心に入ったところでいっぱいいっぱいになってしまいすっかりわすれてしまってました。
落ちてから、あっ、そうだった。持ち方変えるんだった。

核心に入ったところでほぼ余裕がなくなっているので
ピンチがチャンスになったのにそれを活かせないってことでした。


大変です。
おいしいよーの前にある岩が、
歯槽膿漏になっちゃってます。


















下から支えている石も
これでだいじょうぶかなって感じです。




やばいです!抜けました!
耐えろ耐えろ!









































































って、なくてもだいじょうぶでした。





2015-12-23

151223 二子弓状

寒くなってきた。
一日中ずっとこの温度

















去年の12月のペトルーシュカには、つららが出来ていたのだからまだまだだ。
とわかっているけどしんどい。

今週も黒い人にびっくり。
手袋して穴ムジ12cを登ってる。
5本指の先っちょがカットされている毛糸の手袋。
へー、指が出てれば登れるんだ。
そうは言っても自分もという勇気はでないなあ。

今日のおいしいよー5人。
5人ともパーツごとのムーブは解決していてワンテンまで来ている人もいて
RPトライもあり小気味良い緊張感でまわってくる。

1便を終えてヘビクラの金さんに核心のピンチ取りを聞く。
右手肘を引き付けてロックすれば、左手はただ伸ばすだけで取れる。

下から続けていきそれをやろうとしたが、できなかった。
テンションを掛けてからやってみるとできるのだが、
金さんからおしえてもらったやり方とは違っている。
全身を使って勢いをつけてガッツリ握っている。
そんなパワフルな動きでは、前腕の保持力がなくなってきたところなのだから止められない。

あとは、筋持久力だと単純なわけにはいかないってことだ。
つまりは、まだまだ全体にわたって登りの質を変えていかないと無理だ。

今まで同じことを思い知らされたのだからわかっているはずだった。
グレードを上げるならずっと続くということだ。
























2015-12-20

151220 二子弓状


おいしいよー
クイックドローが変わっていた。
登れた人がいるってことだ。
誰だかわからないが、おめでとう。
今まで使わせてもらってありがとう。

今日も俺たちふたりかと準備して
先にMJが登り始めようとしていると

何人ですか?
僕たち2人だけですよ。

また、
順番どうなってんですか?
えー、この人の次

またまた、
おいしいよ入れていいですか。
ぜんぜん。えーと5人。

そうこうしてるとまた寄ってくる。
おいしいよーをやるつもりの人がそんなにいたんだ。
人気ルートなので下側のカラビナの摩耗が早いので
自分のに変えていいですと言うつもりで
いちいちクイックドローの持ち主か聞いてみるが今日はいないようだ。

1便目
調子よく拝みからピンチ取りまで手を伸ばす。
いい感じで届く。握れたっ、と思ったが、
あっという間に指が冷たくなっていた。
何かをつかんでるような...感覚がなかった。
他のみんなは岩が温まるのを待っていたってこと?

最終的にこの日のおいしいよーは、9人までふくらんだ。
しかも、ホールド、ムーブ探りの状態の人が多くて
40分ぶら下がってる人とか。
時間がかかる。
1巡したのが午後2時。

どうなってんだ?
人気ルートだからこんな日もあるんだな。

MJが昼で帰ったので
自分が1番手に繰り上がり
2便がやっと。人によっては1便のみ。

2便でも少し進展。
あと1カ所かな、足位置変えるか試してみたい。
だいぶムーブが固まってきた。
とはいえ、まだ核心からは、テンションをかけてなので
豆腐から焼き豆腐の表面ぐらいに固まったって程度かな。
てことは、次回厚揚げ?
このたとえでいくとカッチカチは、遠すぎるー。
いやいや、凍り豆腐ってのがあるぞ。

核心から息が止まりそうなので呼吸が浅くならないように
余裕がなくなり踏み位置を見なくなってしまうので視野が狭くならないようにだな。

3便は、ぜってーねえだろうと思っていたら
この人、クールダウンでおいしいよーやってました。
登れない人は、並んで何時間も待つのに
うす暗くてもさくっと登れると最後の空いた時間でもできるんすね。

































この日、ふりかえるな5.13aのRPがありました。
何度も登って自動化してると楽にかっこよく登れる。
RPの時は、やっとこさだから決してかっこいいとは言えない。
でも、RPの真剣な登りの方が、人に感動を与える。
その瞬間は、弓状のみんなを釘付けにしていた。
おめでとうございます。

熊に注意!
帰りに走り出して数分で車の前を熊が走っていった。
群馬方向に降りる道は、いても数台程度だからときどき鹿やキツネの野生動物を見かけていたが、
熊に会うとは、びっくらでした。
幼稚園児ぐらいの大きさで
もっさもっさと走っていき、
てことは、親もいるんだろうな。
そろそろ冬眠でおねしゃす。


2015-12-13

151213 二子弓状


この日おいしいよーは、僕とMJの2人。

真ん中のお立ち台は、2人だけかと思ったら
めずらしく穴ムジに2人。白い人と黒い人。
しかも朝から黒い人が、盛り上がって
ペト前で踊りながら「安心してください!はいてますから!」をやりだす。
しかもボルダーバージョンと英語バージョンがあるそうで
英語バージョンは、スペインの岩場でやるんだとか、
なんだが、
スペインでは英語は、あまり通じないとか。

おいしいよーと穴ムジは、人数が少なくても1人だけ異様に盛り上がっていたのであります。

おいしいよー。
3便出しました。
1便目、SVPの合流点まで
2便目と3便目は、7クリップ目のバケツまで

便を出すたびに核心を抜けられるようになったが、
まだまだだ。
5~7クリップ間は、
何回もやってうまくいくのが
2回に1回うまくいくようになってきて
精度を高めている段階。

トップアウトすれば後はつなげるだけと思うところだが
正確には、つなげていく段階の前ってことだ。
長くかかるかな。
あきらめませんよ。199便目までは(そんなんいやだー)。

日が短くのんびりしていたわけではないのに3便で日が暮れてヘッデンで降りてきました。

今日の一枚。メンタル強いってのも実力なんだな。
クライマーの大きさをこの位で撮ると弓状らしいムーブと壁の大きさもわかる気がする。



ついでに写真で遊んじゃいました。
クライマーが4人並びました。






















左奥から1番、2番、3番、4番です。
本命は、2番のトチフッカツです。
対抗は、3番イバインパクトです。
1番4番穴狙いです。



しかし、予想とは裏腹に






















まいっちゃったな、本命が脱落、対抗がやや出遅れ
穴の4番が、穴に入っちゃいました。
結果、最後まで走りきってトップアウトいやゴールしたのは、1番のグンマルドルフだけでした。

では、また来週。
有馬記念は、再来週であります。



2015-12-06

151206 二子弓状


岩場に行く時は、
今日は、サルみたいにサササーッて登れるぞ!とイメージがふくらんで

ところが、実際は、そんなに急にうまくいくはずもなく
やっぱり実力以上には登れないんだなあと当たり前のことに気付いて

それすでに何度も繰り返してわかっているはずなのに
いつもそうなってしまうクライマーって自分だけなのかなあ。

ここのところジムではじめた12cのルートが、
おいしいよーより難しいのに
なぜだか少しずつ進んでいて
今の自分は、ちょっと違うぜと密かに思ってたんですけどね。

あー、
おいしいよー
今日も少しは進んだけど
いつになったらおいしい思いができるのか?

まあ、今シーズンまだ2日目だし。

今週もアップは、徒然草でした。