2015-05-31

150531 榛名黒岩


朝8時から夜7時まで黒岩にいました。

クライミングを始めたばかりのT君と
クライミングを始めて1年のK君の3人
3人なので余った1人では登る訳に行かず、ずっと一緒に行動。

オケラ5.8と西稜4級は、自分が出ることなくなんとかなっていた。
しかし、自分のアップの岳友会から月に吠えるの後、出番が始まる。

西18番ルート11a途中敗退のため代わってリード
トライアンドエラー10b途中敗退のため代わってリード
アヒル11cをトップロープでやりたいとのことでリードでついでにツルも登ったりして。

こんなわけで自分もあちこち登ることになって初心者も含めて3人ずつ登っていたので
時間がどんどん過ぎていき、

日本100マイナールートの一本であります(私が勝手につけたんですけど)おきて12aは、2便でした。

いいのいいの承知なんだから。
最初の頃は、師匠に同じようなことをさんざんやってもらってましたので。

しかし、上部核心止まんねえ。
ロープを張ってもらってホールドを取った状態をやってみると止まっていられる。
だからできるはずなんだが、
手足の連動したかっこよく言えばファンクショナルな動きができない。
運動神経の悪い自分には、回数がどんだけかかるか気が遠くなりつつある。


そんなんでお昼ご飯も午後2時過ぎになってしまってそれでも最近豊かな食生活でして
今日もあの食堂っぽい。
豚汁に
ポテトサラダ(エレクト大木じゃねえよ。)
焼き豚入り炒めご飯

























それで最後は、お約束のこれ






















見る人はわかる。
あー、やっぱりだな。
午後6時30分みんなが帰ったツル稜で
また居残り練習。

新人にまでツルをやらせて
終了点作ったんだから意地でも登れとか言って
K君この時間では、腕が疲れていてトップアウトできずに練習岩から登って回収してました。
夜7時までできるぞ。

ちなみにこの2人の写真を見てると
ふたりともひょろっと長身で
アンガールズっぽい動きに思えてしわまないかい?


それにしても黒岩に来るクライマーを見てるとなんともはやなんですの?になってしまう。
まあ、自分も昔はそうだった。



2015-05-30

150530 有笠ヘルケイブ

 
今週もきました。ヘルケイブです。

朝8時というのに暑くなりそうで
前橋は34度だったそうな。
ここは風通しが良く
日差しが遮られて
最高温度は、25度まででした。
タンクトップでもちょうどよかったぐらいです。




今日からルンルンのMJ。
ルンルンルンルン......楽しそうじゃなかったみたいで
プルプルプルプルッしてました。



































ここのところ通ってきているむーちゃん。
なぜだかほとんど寝てないというのに1便目からいい感じで
ルンルンは、リハビリらしい。
あっという間に落とすでしょう。
13クライマーですから。


































うちの師匠もいきなりヌン掛けでいいとこまで行ってまして


































今日のお昼です。

またあの食堂の
竜ちゃんと小寿々さんの定番メニュー
赤いウインナーと卵焼きです。







私の今日ですか?

だから

赤いウインナーと卵焼きだって。



ほっといて。


毎回毎回必ず進歩するほうがおかしいの。
思うようにいかないのがクライミングだよね。


2015-05-24

150524 有笠ヘルケイブ






仲良しの師匠と弟子が会話してます。

弟子「核心のガバ取りは、ヒールをかけると楽です。」
師匠「なるほど。ありがとう。」
とか言っているかな。



弟子の方は、ブラストオフをめでたくRPしてました。

おめでとう!

来週から僕と一緒にルンルンしんすけです。
















一緒に行った若者です。

バックカントリー好きと




















スイミング好きです。






















お昼になりましたので













おかずです。
深夜食堂を見てから食べたくなってしまいました。








ご飯です。ハートがチキンて訳じゃないすよ。



























野菜もあるぞ。リコピンだぞ。
















デザートにフルーツだぞ。

サラメシのやまメシ番組どうよ。


















食後にコーヒーだぞ。



















もち、食後には、お昼寝もしちゃいました。





おやつの時間になりました。

ちゃんと登ってますって。



バナナと冷やしぜんざいです。
最近、あんこ系、あずき系はまってます。

















おいおい!
それで何しに行ったんだい?
クライミングしたんかい?

なに言ってるんすか。
やるときゃやるよ。

ルンルンしんすけ4便出しました。
ワンテンまで進みました。
でもルンルンは、ワンテンからなんですね。

では、また来週。

来週のやまメシは、ドライカレーかな。



2015-05-16

150516 有笠ヘルケイブ


午前中雨の予報なのでいつもより1時間遅く出かける。

9時過ぎ。東口登山口には、車が数台。
傘を差して歩く。






フェアリーには、3組6人いて
ヘルケイブには、すでに1組2人がいた。
雨が降ってもできるエリアです。
雨が続いた訳ではないので思っていたより岩の状態はよい。

この日ケイブには、自分達も含めて7人が来た。
予報どおり昼に雨が上がったが、湿度が高い一日だった。


この日のルンルン
じわり進む。
4便出して
4つ目のクリップは、確実になってきた。
そこから5手、上段取りをするための構えまで行けた。

そこで力が尽きてしまい手が出せない。
ここまでをもっと力を使わずにいけるようにならないと。
これは、自分的には便数を出して繰り返しが必要。

上段取りを2便目に修整して右に一手ずつずらしてから出したら楽に取れた。
ところが、3便目には、テンションを掛けてからでも一発で取れなくなってしまった。一歩後退。
なんなんだ。まあ、クライミングじゃよくあることか。

ここが確実になれば、核心までつながってくると思うのだが、
まだムーブ力がないというか洗練されてないので
ここでムーブの練習からやっているようなもんで時間もかかる訳だ。

ここをクリアしても上部核心のカチマッチが次の壁になるのでまだまだかかりそうだ。

進んで戻って進んで戻ってだけど、このルート、どれだけかかるかはわからないけど
やってりゃ落とせるなという手応えは、あるのでまだ続く。


2015-05-10

150510 榛名黒岩

外岩デビュー、Sまださん。リードで攻める。

今日は、MJと初外岩のSまださんで黒岩
9時過ぎに着くとすでに黒岩らしい混雑。
空いている夏子でアップ

午前中は、陽が当たり、まるで夏になった陽気だった。

次、岳友会と思ったが、2人ほど入っているので
おきてにクイックドローをセットしてくる。

また、岳友会に戻ってきて順番を聞くと
あと7人いるとか。
1グループ8人で1つのルートをまわすとのこと。
気長に待つことにしてその次に入れると
先生と呼ばれている人が、やっていいですよとのこと。
Sまださんを入れさせてもらう。
ありがとうございました。


左天板のルートをやる人、右側板のルートをやる人

この後、
こたつテーブルでいうと天板じゃなくてその横っちょの側板にあるようなめだたない、
しかも、木の葉っぱがだんだん大きくなってきてクライマー道からもほぼ見えないルートに戻る。
黒岩じゃハードなルートが少ないのでここからの叫び声だけが、響き渡る。
どっかから、おっきい声がしてるね。えっどこどこ?
いたいた、その狭いはじっこ。へーあそこにルートあったんだ。やる人いたんだ。
みたいな感じでしょうか。

そんな一人だけのおきてにMJを引きずり込む。
自分3便、MJ2便

おきては、垂壁でカチマッチで次のカチにデッドとか核心は、デッドでパームで止めるとかですから
のけ反って取りに行くどっかぶりのルートのような派手さかっこよさはまったくなし。
でも、ムーブが多彩で意外と面白いルートですよ。

この日、核心までが確実になってきて
ほんの少ーしずつ、進展したような、しないような。
核心は、いまだ止まらず。
ほんのすこーし止まったー!に近づいたような、ないような。

Sまださんは、この日
夏子、岳友会、ピラミッドフェース、オケラ
うち2本は、リードで行きたいと自分から言ってきて
オンサイトトライとがんばっておりました。

夕方4時過ぎると気温が8度まで下がり今度は、冬の気温に。
クライマー的には、
気温が下がりフリクションがよくなって陽も伸びているいい時間帯なんですけど
山やが多い黒岩的には、早い時間に行動終了なんでしょうか。
人がどんどん帰ってしまった。

静まりかえって冷たい風が吹くなか、
おきての3便目を出し、
最後に僕がクールダウンで岳友会から月に吠えるをつなげて一本出したころには、
Sまださんとふたりだけになってしまいました。


2015-05-09

150509 有笠ヘルケイブ



連休が終わり、すいている。

MJと2人でアップをしていると
二人が上がってくる。

MJがブラストにクイックドローをセットしている間に
ラローズにクイックドローがセットされ
ルンルンしんすけにもクイックドローをセットし始めたのでクイックドローを使わせてくださいと声をかける。
ちょうど自分にもやりやすい長さのセットとなった。
これでぬん掛け便を出さずに済んだ。
ありがたし。

あとでこのお二人と話をしたら、
去年の夏に湯川でひと言だけ会話を交わした人でした。

ルンルン1便だすごとに少しずつ進展。この日は、4手進んだ。
一手ごと進むってペースは、ゆっくりであと何日かかるんだになってしまうところだが、
進んでいることをうれしまないと。

MJは、ブラスト再開で2日目なのにRP便。
解決してRPを狙ってくると相変わらず集中力を出してくる。
核心を抜けてトラバースからのガバ取りでテンションを掛けてしまいました。
あと1日っていうか次の便ってとこですね。

明日もクライミングだし、夜は、熊谷でクライマー仲間との飲み会なのでもう1便どうしようかと思っていたら
下から4人のイケメン集団が、
二子の唐獅子をやっていて急に来なくなってしまった久しぶりのsskさん。
ずっと足の靱帯を痛めていてできなかったとか。
それを誰にも言わなかったとか。
男の美学か?
おなじルンルンを出して「忘れちゃった、登ってみて。」と言われ、
もう1便。
さすがに4便目は、よれてました。

有笠でも小さいエリアですいている日なのに
一日で2つの再会があって
クライマーの世界は狭いっていうかどっかでつながってしまうもんですね。


2015-05-06

150506 有笠ヘルケイブ


画像回転させてませんよ。


有笠ヘルケイブ
8時に着いたのでゆっくり。

アプローチシューズ忘れました。


















アップでねぼすけ後、
ルンルンしんすけ12bにクイックドローをホールドを確認しながらセット。

終わる頃、師匠が、到着。まだ10時前。いつもより早い。
師匠が、ブラスト12aにアップを兼ねてクイックドローをセット。

MJが、ブラストを10カ月ぶりに。
この間、実力が付いたようで2便目で解決していた。

MJブラスト解決












































自分は、この後、ルンルンしんすけを3便。計4便。
この日、いくつか修整をかけた。
3クリップ目を下からのけぞってクリップに変えた。
4クリップ後右回りをしてフリを使って上段を取っていたのを
右回りせずストレートで右手を出すようにして手数を減らす。
4便目に上部核心を見直す。
右手を飛ばして取ったあと
左足ブラで左手マッチすると両足が切れる。
力が残っていないと耐えられない。
左手マッチする前に左足を右足にマッチして
(手をマッチするには、足もマッチってこと。)
さらに右足をハイステップしてからマッチ。
これで両足ともに置き所ができたので安定してマッチできた。
これが、テンションムーブでなければパーツはすべて解決。
次回、要確認。

全体を通しては、相変わらずテンションをかけてしまう。
なおかつテンションをかけてからならあっさりできる。
5クリップ後に片手ずつシェイクできるが保持するのがやっと。
回復できないまま核心に突っ込まなければならない。
これは、便数を出して一手ずつ高くしていくしかないかな。

それにしてもここのルートはどれも、1便ごとに気持ちを奮い立たせなければならない。
ほんといいエリア・いいルートだと思いますよ。


連休の最後でケイブには、自分たちだけ。
少し寒いかな、ぐらいの涼しさ。
日差しが、木の葉を通して降り注ぐので柔らかい。
いい季節にいい一日を過ごせました。



師匠のブラスト


2015-05-04

150504 いわき市ジャンダルム



福島県いわき市ジャンダルム
14mのリード壁って室内ジムじゃなかなかない。
それが実家の近くにある。
前から気になっていたのでこれは行かねば。
しかし一人。
誰かリード壁をやる人がいて混ぜてもらえないかなあ、だめならボルダでもいいかと思いつつ、

受付で
リード壁やる人がいれば、混ぜてくださいって気軽に言えますか?
と聞いてみたら
僕がやりますよ。
そんな何本もたのめないでしょって言ったら、
いいですよ。
そんなジムあんのかなと思いつつ
ボルダ壁でアップ
ハーネスを着けていると
小学校低学年位の女の子が
リードやるの?たっくんよんであげようか?
先ほどの受付の兄ちゃんをよんでくれる。
たっくん高校生のバイトだそうで受け答えもなかなかしっかりしている。
1便目。壁の高さとグレード、ホールドの感覚を掴むため11bで。
このグレードなのでOS。
だいぶ登られているが、ホールドが磨かれているわけでもなく辛くもなく甘くもなくちょうど。

14mとなると外岩感覚になる。
1便目のルートは、二日前に登った有笠のパスファインダーに近い。
リード壁の幅は、それほどでもないが、この高さは癖になりそうだ。


高さもあるが、ホールドもびっしり。











































2便目から12台にする。
ルートの中間にルーフが入る12aを選択。
12台をワンデイは、恐らく無理なのは、わかっているけど
落とせる落とせないにかかわらず、自分の限界に近いところでやることにしているので
今度は、ジムの店長さんらしき人にお願いして取りつく。
この12aを4トライ。
テンションをかけてルーフを越えたところまででした。
最後にまた11台でダウンで終了。


ずっとジムのスタッフの方にビレイしてもらえました。
ありがとうございました。


2015-05-02

150502 有笠フェアリー

有笠フェアリー
有笠を代表するエリアなのだが、初めて。
アップで右端の10台。
一本目に1クリップしてフォール。
なにやってんだかな。
10aとのこと。
2本やってちょっと食べてハンモックでごろり。
気持ちいいー。



起きたところで
パスファインダー5.11bc
結果は、直前に10aで落ちてたやつでもOSできる11bcってことになりました。
グレードは、10aフォールしたやつが大それたことは言えません。
ただ、いっぱいいっぱい感は、全然ありませんでした。

クイックドローがセットされたパスファインダー

これで今日の最終目標が、クリアできたので
次、10aフォールしたくせに12a緋牡丹。

1便目。クイックドローのセットをしながら探る。
クリップ目は、隣のルートと共有なので2クリップ目からマスターでとりつく。棒でプリクリ、プリセットは、やらないようにしている。

3クリップ後のユルホールドマッチから右手飛ばしが核心なのね。

緋牡丹核心








2便目にユルマッチ解決したつもりで3便目。たった10手ボルト3つのショートルートなのにどこだったか忘れる。違うところで保持して解決。

ショートルートなので何便でも出せると思っていたらみんな帰り支度を始めるので4便目を出す。
まだ回復しておらず、最初のたったままのクリップもつらい。
ワンデイあきらめ、ムーブ確認となった。

マッチからの右手飛ばしが取れた瞬間固まる。
体を右上方向に移動させたとき、
3クリップのクイックドローの上側のカラビナに
ハーネスの左レッグループが、スポッとかかってしまったのだ。

上側のカラビナなのでボルトにクリップしていて太ももが壁から離せない。ゲートも上向きなのではずしにくい。
次は、終了点だが、登らなければ届かない。
太もも痛い。
どうする。
下からナイフを投げてもらってレッグループカットか?

ちょうどプリ棒を持って来た人がいた。
ちょうどコングのプリセット用ロングクイックドローを持って来た人がいた。
ちょうどショートルートだったので
その二つが下から届いた。
これらを使って終了点にロープをかけて張ってもらいはずすことができた。

こんなことは、初めてで想定もしていなかった。
やっぱり10aフォールしてるようなやつがやっちゃいけなかったのか?