2015-04-29

150429 榛名黒岩

8時ちょっと前に黒岩に着く。
すでにクライマーが2人。

アップは、今日も岳友会から月に吠えるをつなげて40m
適度にパンプするし、高さが気持ちいいんです。

降りてくると一番に来ていた2人がツル稜に。
HGめさん親子だった。
ここ数年、クライミングをやっている話しがまったく聞こえてこなかったのでやめてしまったのかと思っていた。
久しぶりに再開したようだ。
群馬じゃレジェンドに近い存在なので
挨拶してこの人ならと思っておきての核心を聞いてみたが、
やったことがないという。
それほどにマイナーなルートなのだろう。


被ってないように見えるがロープのぶら下がりで薄かぶりがわかる。


おきて
1便目クイックドローのセット
ヌンガケなので上部の核心は、左のカンテを使って登る。
おきては、左のカンテ禁止。右の側壁は、出だし以降は、使わないという限定なのだが、
(使えるのは、フェイスと右のカンテのみと言った方がわかりやすいか。)
左カンテを使うと核心も簡単になってしまう。

2~4便目
ポイントがはっきりしてきた。
中間のカチマッチからデッドでフラッギングしてカチ取りと
上部核心の左手縦カチ、右手カンテでお迎え引き付けからの
フラッギングで甘い前傾ホールド取りの2カ所だ。

上部核心は、
回復させてやったら一度だけ止まってマッチできたが、再現できない。
あと10cm左を取れれば、少し引っかかってマッチできる。
それとマッチ後の左足の置き位置をどうするかだ。

なかなか手強いルートに手を出してしまった気がする。
感覚的には、集中して通っても月単位でかかりそうだ。

4日間で葉っぱが増えて見えにくくなってしまった。

おきては、今日も自分だけ。
孤独なトライが続くというか、
1人だけなので自分のペースでできる。
岩場もフリーの高グレードにトライするような人もほぼいないのでのんびりしている。
もう1人ぐらいおきて仲間が欲しくなってしまうぐらいだ。
そうじゃないとこのルートにつきあってくれるビレイヤー探しが核心になってしまう。

もしかして「おきて」は、
「掟」じゃなくて
そろそろ「起きて」
だったりして。

1便ごとにうがい。
帰りに車の中で鼻の穴をほじったら指が土で黒くなってしまった。
ビレイヤーは、もっと土被ってんだろうね。
掃除しても雨が降れば、上からまた泥が混じって流れ出すのでまた掃除。
しかも、縦カンテでお迎えやらカチで引き付けやらで
派手なムーブがないのに声が出るは、
アイソメトリック筋トレみたいで
かっこいいとは言えないルートです。

この日は、STさんが、月に吠える5.11aをRP(まだやってなかったのか。)で
黒岩のおもだったルートは、一通り終わったので卒業とのこと。
自分は、おきてにはまってしまったので黒岩再入学か?

まあ、ネガティブワード撲滅委員会なので(最近勝手に作りました。会員募集中)めげずにやるです。


STさん月に吠える5.11a

この日の黒岩は、15人位
みなさん和やかにクライミングをしているなかで吠えながら、トライしているのは、自分だけ。
静寂を破ってすいません。
と言わなきゃいけないような気がしてしまった。
 


ひたすらアヒルツルリピートのSらD君
今日からつるのMちゃん。リードでトライ。根性あるわ。

2015-04-26

150426 有笠ヘルケイブ

本日有笠
自宅から1時間ちょっとで着いてしまう。
恵まれてます。

昨日黒岩のおきてで予想以上に力を使ったので背中の筋肉がバキバキのまま。
パフォーマンスは、劣るだろうと思いつつ向かう。
東側の駐車スペースに車を止めて歩き出すと
新緑の有笠は、こんなに違うんだとちょっと驚く。
有笠のイメージは、木がうっそうとして陽が差さなくて湿っぽくて土もジメジメだったのが、
新芽が出始めなので柔らかい緑色
それでいて葉っぱがまだ小さいので日差しが地面まで届く。
ヘルケイブまで気持ちいい朝のハイキング気分を味わえました。





現地集合で早く着いたのでひとり。
シートを引いてごろんとなる。
鳥の声と水が流れる音がする。
沢渡温泉を見下ろせてクライミングをしない人でもここで一日過ごすのは気持ちがいいかもです。




アップで初めの一歩

アップ後、
ルンルンしんすけ5.12b
クイックドローのセットのためマスターで取り付く
今までプリ棒なしでセットしたことがないのでできなかったらどうしようと思っていたが、
3クリップ目からセットするごとにテンションを掛けたが、
6つ全部セットできた。
最後の核心も今までは、テンションを掛けてからでもなかなかできなかったが、一発で取れる。
自分的には、進歩を感じられてうれしや。

この後2便出した。
さすがに筋肉疲労でパフォーマンスが落ちている。
ホールドを忘れているし
なんと言ってもパーツではできるが、
ホールドが甘いので精神的な余裕がなく力んでしまい、通しではきつい。
家に帰って去年やっていたときの自分の写真を見たらクリップのポジションも違っていた。
このルートは、ムーブがきついのが特徴だ。
これもハードだけどいいルートだ。

ブラストRPトライのHさん。ブラストはここがかっこいいんですよね。

ゴールデンウィークの有笠は、
林道いっぱいに車が入り
ゆっくりしていると下の山荘から歩くことになると聞いていたが、
連休のまだ初日。
この日、ヘルケイブは、自分達だけ4人で静かに過ごせました。



谷川岳方面、稜線歩きも気持ちよさそう。





















2015-04-25

150425 榛名黒岩


本日は、榛名黒岩。
朝6時30分に家を出る。
余裕過ぎるくらいに出たのは、写真撮影。
この時季、黒岩に行く手前の景色がいいんです。







 
クライミングのスタイルは、人それぞれ自由だけど、
ふと、なんのために外岩にいるんだ?
リードクライミングなんだからひとりじゃないんだぞ。
一緒にいる人とも楽しい時間を過ごせないととなってしまう。

二子のおいしいよーも続けたいんだけど
外岩なんだから自然を楽しんで
リードクライミングは相手が必要なんだから仲間といい気持ちで
クライミングはスポーツでもあるんだからうまくなれるようにもチャレンジする。
これ3つを両立させて夕方ヘロヘロになるまでがんばって
今日も一日遊んだなーっていい気持ちになれないとね。

アップ
岳友会5.9からそのまま月に吠える5.11aまで40m登り上げ、
夏子5.8、一緒にいたTK君が、核心を新ワザでやったので自分もテラスの上の出っ張りにランジで両足ブラ。

5.11a西18番ルートの仲間達。タワー状にあるルートで登り上げるのが気持ちいい。



































黒岩だからってゆるくエンクラではないです。
アップ後、おきて5.12a

黒岩のおきてを紹介させてくれ。

ちょっとマイナーな岩場(群馬じゃメジャー)で
日陰のめだたないところにあって
雨が降るとしばらくできなくなって
ビレイするスペースも狭くて
なので
ほとんどやる人がいなくて
いいルートだって言う人もいなくて
当然知られていないので
壁は、土だらけで
クライマーもビレイヤーも口や目に土が入ってくるし、
いちいちホールド掃除しなくちゃならないし、
どっ被りでないので派手なムーブはないカッチカチの薄かぶり
しかも、辛い12a

どっ、どうだい!やってみてー!!って
思わねえよなあ。
岩場と場所のせいで人気ないんですが、
小川山とか二子とかにあったらちょっと手強いんじゃない?と
結構話題になるとおもいます。
やりがいのあるルートではあります。

2年前にさわってからそのままにしてあったんですが、
2年の間に少しはうまくなったんじゃないかと
12bをそこそこ登ってるんでワンデイは無理でも解決はできるかと
思ったんですけど。

3便出しました。
一カ所を除いて解決。
上部の核心、
両手カチで引き付けーの
右足に乗ってフラッギングで左手デッドを出しーの
ひっかかりのない甘いホールドを取りにいくーの。
距離は出るけど、ピタリとタイミングが合わなくて
勢いが付いて止まりませんでした。
このやり方だと
腕がパンプしたところでボルダグレードで1級~段以上、
ありかな?
ロアダウンの時に保持してみた。
スタティックなら止まる。
やり方が違うのかも。
つまり、核心のムーブが解決できた自信が持てない。
宿題です。
これは、通わないとダメかも。


これが「おきて12.a」みんなが登るフェイスのわきっちょにあるです。


黒岩は、
南面、東面、北面とエリアは、3つに分かれているんだけど
この日は、全体でも20人程度。
去年ジムで12bのビレイをしてもらい落とせた時の人達にも会えたりして
ゆったりとして木々の新芽の緑が優しくて曇りになったら寒かったけどいい時間が過ごせました。













2015-04-19

150418-19 城山

1泊2日で城山に行ってきました。

緑がいっぱいの岩場は久しぶりでした。
1日目は、
南壁でマルチピッチ
石灰岩は、ホールドはわかりやすいが、ムーブがムズイ。
南壁のスラブは、逆にホールドがわかりにくいので苦労してしまった。
わかってしまえば、グレードの通りでした。
ここのマルチピッチは、高さと広さが気持ちいいですね。

宿泊は、3,500円のビジネスホテル泊
クライマー的には、狩野川河川敷でテントなんですから、十分に居心地よしでした。

食事は、魚がし鮨流れ鮨で旬のネタ、
これは、むっちゃうまかった。
おなかいっぱいになるまで食べて
さらに苦しくなるまで食べてしまった。





2日目は、初ワイルドボアゴージ
ちょうどワイルドボアゴージに向かうクライマーの方がいたので
案内してもらえました。
ありがとうございました。

ふもとからみた印象は、明るくて景色のいいところと思っていたが、
取り付きは、当たり前なのだが、
木が茂っているので光が届かない。
湿っぽい。
木の上の高さまで登っていい気持ちになれるのだろう。

何するか。
とりあえず、アップで10台。
どこがどこのルートかわからず、
また、道を教えてくれた方にルートを教えてもらい、
カルカッタ5.10c
一つ目のボルトが高さ1メートル
これは、クライマーとビレイヤーが転がり落ちないようにするためのボルトでしょう。
次、実質一つ目のクリップは、3メートルほど上。
足下を見るとプリクリのためと思われる木が、横たえてある。
そもそもプリクリする気はないしその技術もなしなので怖いけどトライ。
最後は、のっこしてから左に行くのかと思ったが、違う。
左にのっこしてから上に行くのが正解でOS

もう1本ジャーニーオブホープ5.10cにクイックドローがかかったのでやらせてもらう。
下で登りを見たのもあるけどさほどでもなくフラッシュ

次、
スーパースターやイエスタデイワンスモアのあたりに惹かれたが、
12台をワンデイで落とせる自信はまだないし、
圏央道で関越と東名がつながったので来やすくはなったが、通うのはしんどい。
1便目から勝負できる11台後半を探す。
てなると
星3つのOVERDRIVE5.11d
ロープを結んでシューズを履いて
ちょっと待て。
ちゃんとオブザべしようとなり、
このもやっと感は、やですね。
上を見る。
唖然。
ひとつ目のボルトが、3~4メートルほどの高さ。
ここもプリクリ用の木がおいてあるが、
またプリクリなしで覚悟を決める。
真ん中までは、だいたいわかったのでよしとして
マスターでスタート
いきなり出だしであれっ、足どこおけばいいの?
なんとか登ってクリップできたけどこれは怖いわー。
途中から各駅で解決

2便目RP便。
前半最後の核心でポケット取りが右にそれてしまってフォール
まじくやしいわ。

2便目にブラッシングをしながら降りると使えるホールドが新たにわかる。
1便目にもっとしっかりルートを確認しとくこと。
ちゃんと覚えておくこと。
つまり、落とすぞという本気度が低いのだなと反省。

もう1便出せば落とせる手応えがあったが、時間切れでした。






今回は、
新しくEDELWEISSの9.2mm、パフォーマンスを使った。
この細さなのでシングル、ダブル、ツインの認証を取ってあるロープだ。

マルチピッチでダブルロープとしては、特に何も感じなかったが、
シングルロープとしては、
軽くて適度に柔軟性があるので
たぐりやすいし、クリップしやすい。
ロングルートでも引きの重さは感じられない。
3mほどフォールしたが、当然だが、ちゃんと止まってくれたし衝撃を吸収したし
落ちた感覚としては、9mm後半から10mmぐらいのロープと変わらない。

ビレイヤーに聞いたが、
グリグリ2では、他のロープと変わらなく扱える。
ルベルソキューブやATCガイドなどでは、止めにくいということではないが、
流れる距離は、増える。
キューブ型ビレイデバイスでハングドックされると止め続けるには、少し力が必要。
さっさとセルフをとるべし。

オンサイトトライやRPトライ向きといえるが、
扱いやすいので普段使いもできる。
ただし、
ロープの持ちがよければ、だが。
長持ちかどうかは、これから使ってみてです。

しばらくは、普段使いではなく、
RP間近になったときに使うロープとしましょう。



2015-04-12

150412 二子弓状


前日からの雨でさすがに浸み出しだろうと思い、土曜日は、ジムにした。

今シーズン週末に二子に行かなかったのは、
11月の最後の週と正月だけなので
たまには、ゆっくり寝ていようかなと思ったが朝7時に起きてしまい、
新聞を読んでロクスノを何ページか読んで
朝ご飯を作って食べ
小雨が降る中、傘を差して家の近所の公園に写真を撮りに行ってきた。

散歩としてはあまりいい条件ではなかったが、
雲のフィルターで太陽光が弱められるので露出やら光の入る方向やらをあまり気にすることもなく
カメラまかせで好きな角度からシャッターを切る。
久々にゆったりと過ごせて気持ちが落ち着く。

柔らかい光と水滴を含んだしっとり感がうまく撮れました。

体がこなれる程度にボルダ壁をやって夕方早めに帰って来るつもりで
10時半過ぎに家を出る。
ジムに着いたらちょうどTKさんSDさん達が北川まで行って断念してきたところだった。
じゃあリード壁やりますかってことで
まぜてもらって
アップで11c、12aを一本ずつやって
自分の12aを1便、奥の12bを3便出した。
両方ともあと1カ所を力を振り絞って引き付ければ取れるのだが、もう一つ気合いが出ない。
勝負モードにまでは、達っしてなかったような気がする。
最後にダウンで11a
無理せずやったつもりでも結局夕方6時までいて前腕酷使してしまった。

この日、弓状は、ぜんぜん濡れてなくてできたそうだ。
まあ、そういうこともある。
旧知の間柄との人達と過ごすのもなじむなあって感じがしていい1日でした。


日曜日二子
特に早く着いた訳でもないのだが、
おいしいよーこの日一番目。
このあとだんだん増えてきて
おいしいよーとアナムジで9人になったらしい(多くてよくわからん)。
というか、この日の弓状は、60人以上。
人気ルートは、どこも順番待ちでさすがに落ち着けない。
この人数だし、午後から中央稜をやった仲間が来るので今日は3便かなと思っていた。

1便目
今日の課題。
腕を伸ばしてグーレスト。
やってみた。
できた。
休めるってこの程度か。
そうそうその程度と下から。
ふぅー。そんなもんだとは思っていたが、ややがっかり。

降りてきてピンチ取りの見直し。
なんとかしてピンチを取ろうという意識が強すぎてためを作って勢いをつけて出していた。
ただでさえパンプし始めているところで力使いすぎだし、それでは届いてもかえって止まらない。
手を伸ばせば届くのだからスタで出すことにする。

2便目ピンチ取り。握れた。保持できなかったがいい感触が得られた。
3便目になると保持力が下がり始めるので(自分の弱点)、距離は、十分に届いているのだが、つかめず。
ただ、少しずつ近づいている手応えが得られた。

昼過ぎになって仲間が来たので祠に行ってみる。
祠は、3組9人だけでゆったりとしていた。
そうだ。
こっちのほうこそ普通の岩場で弓状は、混雑しているジムみたいだと思えてしまう。

目標のルートに夢中になるのもありだけど
自然と接して自然と遊ぶんだから、
ワイワイガヤガヤとしたところに一日中いて
ノルマみたいに出して
自然を楽しんでないようでは、何だかなあと思ってしまった。

この後、広場や右壁に行ったりしてちょうどいい散歩になった。

すでに順番は、飛ばされていると思っていたが、
降りてくるとちょうどまた自分の順番になった。

人数が少ないときは、自分のタイミングで出せばいいのだけど
順番待ちで自分の番が来るとやんなくちゃいけないのか?って気持ちになって
ノルマこなしモードになってしまう。
あんまりよくないな。

自分的には3便で十分だったのだが、テンションがかかったらさっさと降りるつもりで
4便出すことにした。
ピンチ取りまで手を伸ばせて距離も十分に届くまで出ていたのでよしとする。

ピンチ取りは、だんだん近くなっているが、
取れたとしてもその後のバケツまでの2クリップをテンションなしで通すのは、とてもとても無理です。

この日、Yねさんが、4便目にしかも、初めてピンチ取りが止まって一気にRPまで行ってしまった。
おめでとうもそうなんですけど、おそろしかー。

自分は、やってればできる感触はあるので、たぶん、まだまだ、ずーっと続く。


2015-04-05

150404-05 二子弓状


ずっと霧の中。できなくはないという感じ。


4日

11台のマルチピッチをやってみることになったので
その前に11台のオンサイトトライをやっておこうと弓状に荷物をおろして祠にむかう。
祠は、話がピーマン10aとシリアル10dしかやったことがないのでどこがどのルートかわからず。
ちょうどHGさんとHのさんがいたのでルートを教えてもらう。

まずは、ごんべえ11a
さっさとロープを出して先にトライしようとしたが踏みとどまる。
MJに同じグレードのクライマーになったんだから先にやってもいいぜとけしかける。
MJいい人。
マスターでオンサイトトライ
惜しくも最後の核心でテンション。
その後解決して終了点まで。

次に自分がトライ。
ビレイしてたもんですからフラッシュ。
最後の核心は、気合いで。いいルートでした。

もの足りない。
もう一本やっておきたくなって
HGさんが、鬼ガ島11cにぬんがけしたのでやってみることにする。
下から見てごんべえの倍の高さがある。
無理かなーと最初から思ってしまった。
これがいけなかった。
あと2クリップと終了点まで登ったところで集中力が切れてまあいいかでテンション。
そのあとトップアウトしもうちょっと粘っとけば良かったかなでした。
初見でも祠の11cをなんとかできるので満足。

11時半ごろ弓状に戻る。
弓状は、越冬組がだいぶいなくなってスタッドレスタイヤなしで来ることができる人が増え
8割方入れ替わった。
この日は、一日中、霧が漂っていたため壁は、結露したように湿っぽかった。

おいしいよー1クリップ目からピンチ取りまで
おいしいよー
1便目に最高到達点を3手のばす。
5クリップ後に羽根ガバとれてうれしや。

2便目
Iさわさんに泣いてお願いして5クリップ目から6クリップ目の登りを見せてもらう。
バッチリいたいだて修正
ピンチ取りからグーレストのポケットまでを
正対から右膝を左に向けて深く曲げ、右腰を壁に近づけることでうまくできた。
2便目は、7クリップのバケツまでとする。

3便目は、ただの筋トレ便でした。

この日からMJが火の鳥。
使うホールドとかムーブを言わないようにしていると
1便目からそんな登り方見たことないぞのオリジナルのホールドとムーブ満載でトップアウト。
登りに派手さはないんだけど基本性能が高いんだな。
また、自分より早い期間で落とせそう。
おれよか14歳も若いんだから当然か。








5日

朝から筋肉ギシギシ。つらいよー。

この日も弓状は、一日中、霧のなか。

今日のおいしいよー
1便目
羽根ガバが取れたので拝みからピンチ取りを止めようとしたが、ピンチ取りのときに左足が抜ける。
急いで出さねばの気持ちで焦ってしまい雑に置いてしまった。
バケツホールドの7クリップまで

2便目
しっかり左足に乗ってピンチ取りにいったが止まらず。
テンションをかけてからだと簡単に止まるのだが、こういうことか。

6クリップしてグーレスト。
今までは、ここでまたテンションだった。
あいかわらずグーレスト決まらず。
グーなので指で握る力は使わないのだが、引き付けるため上腕三頭筋をめいっぱい使う。
休めないままに続けて出す。
バケツのふたつ前の薄縦カチ右手で保持できずフォール。
ここもテンションを掛けずにつなげるのはきついというかグーレストなんとかならんか。

問題は、ムーブを自動化するだけではなく無酸素運動の限界域をあげねば。
さすがに12後半になってくるとムーブもきつくなるし、筋持久力もさらに必要とされる。
何から何まできつくなるわ。
鍛え直さないと登れないってことか。

3便目
なんだかカネゴンがやる気まんまんで任侠を4便だすと言う。
自分としては、今日は2便出しとけばいいかなと思っていたが、ほだされたってわけで3便目
さすがに5クリップ後の羽根ガバとれず、一回テンションをかけて6クリップまで
ここいらだんだんとスムーズになってきた。

帰りの車の中でSDさんは、グーレストで腕を伸ばしていられるという。次回試してみようと思う。

おいしいよー
今までやってきたルートとは、自分の感じ方、気持ちの持ちようが違う。
肉体的にはきついし、余裕もないし、いつまでかかるかわからないが、
精神的には、きついとは感じないのだ。
これは落としたいというやりがいがあるし、落としてみせるという気持ちになれる。
自分に向いているルートなのかも知れない。

少しずつだが、繋がり始めた。

夕方になってやっと視界が広がった。



2015-04-02

150402 深谷ジム 5.12a手足 YM


この出だしがちょっといいんでないかいと思い、
Magnus Midtbø sends Muy Verdes 8c+ in Flatanger
ジムでルートを作りました。

自分の実力では、たいしたことないので
質の高いルートではありません。
どちらかといわなくても変態ルート。
自信をもっておすすめは、できません。

グレードは、自分の外岩での体感で12a
右隣のグレーの12aに合わせるともっと高くしないと釣り合いが取れないのですが、
俺がそんなにムズイの作れないしなあ。

自分のトレーニング用なのでテープを貼る必要はないと思ったが、
ビレイヤーもルートを知ってるほうがビレイしやすいのでテープを貼ってある方がよいし、
やるとまあまあおもしろい。

テープを貼ったら剥がれたときのことを考えなきゃならなくなった。
写真を撮って矢印を書き込む。
ボルダの課題ノートみたいなもんですかね。
本人のみわかっているだけでは
剥がれたときジムの人には貼り直しができないとのこと。
なるほど。
ジムの人もわかるようにしておいた方がいい。
ブログで公開か。むちゃはずい。

ビレイしていただいた熊谷の山岳会の初心者の方ありがとうございました。
各駅でセルフとりながら貼ったので大丈夫でしたよ。

































<メモ>
オンサイト狙いは、読まないほうがいいです。
出だし地ジャン(身長が高い人は必要なし)
2手目青、3手目赤まで足ブラでキャンパ
最初のクリップは、飛ばしてふたつ目が最初のクリップ、青に片手でぶら下がったまま足ブラでクリップ
3手目赤から4手目オレンジは、ランジ。届いてみれば、さほどでもない。失敗してもグランドはないが、振られてビレイヤーとぶつからないように注意。
5手目耳たぶ赤、
6手目緑斜めホールドから2発目デッドで7手目紫
クリップは、足ブラで左手だけでぶらさがったままか8手目白を取ってから。
7手目から8手目の白へは、また足ブラキャンパか右足緑に掛けて。
9手目左上白は、デッド。ランジしなくても届く
10手目終了点もデッド気味に見えるが案外スタでも届く。
ボルダーみたいです。