2013-07-29

130729 デイジーチェーントラップ

この記事も所属会の会員向け

デイジーチェーンについて掛け方を誤ると破断したときすっぽぬけの危険がある。
これについてなんだかよくわからないという質問が出ました。

百聞は、一見にしかず

スリングとテーピング用テープで疑似デイジーチェーンを作りました。
上が、本物のデイジーチェーン。
下が、実験用に作ったデイジーチェーン。
デイジーチェーン

実験用に作ったデイジーチェーン





実験をしたムービーです。



解説します。

1.デイジーチェーンでセルフビレイをとります。

2.長さが余っています。
 このデイジーチェーンは、素材がダイニーマなのでほとんど伸びないため衝撃吸収しません。
 一方でダイニーマ製スリングで60cm落下で体重の14倍の衝撃がかかるという実験データがあります。
http://column.kojitusanso.jp/ksguide/2010/08/post-42.html
 したがって、できるだけたるみは、少なくすべきです。

3.デイジーチェーンの中間のループも掛けたるみをとります。

4.デイジーチェーンの長さが調節できたら安全環付カラビナのスクリューを閉めます。
 ペツルのアタッシュ3Dを使っていますので赤い部分が隠れます。

5.クライマーとともに自分も落ちたとします。
 デイジーチェーンに衝撃がかかります。
 中間の縫い目は、3kn(とても大雑把に300kg)で破断します。

6.破断していった結果デイジーチェーンがすっぽ抜け自分も落ちます。
 本当の岩場だったらドキッとする映像です。
 部屋の中でよかったねえ。

ロストアローでも警告しています。
http://www.lostarrow.co.jp/support/ti_91.html

どうしたらよいか。
すっぽ抜けない掛け方もできます。
どう掛けるとすっぽ抜けるのか、同じように自分でやってみるのが一番わかります。
現実にはどの向きで掛ければいいかなどと現場でやっていれば、日が暮れてしまいます。

もっと簡単な方法は、
オーパーハンドノットで固定したデイジーチェーン
1.先っぽをオーバーハンドノットで結んでおくことです(写真)。
2.ループの強度18knのメトリウスのパーソナルアンカーシステムを使うかです。


2013-07-28

130728 有笠


有笠
9時に現地待ち合わせで
AYさんとふたりでヘルケイブに向かう。
この日ヘルケイブは、ずっと僕たちふたりだけだった。
僕は、今日もBlast-off
3本だしたが、前回より登れない。
こんな日もあるってことだ。

ふたりで会の夏合宿のことについて話し合った。
マルチピッチの参加予想者
パーティー数
リーダーとなれる人
予定ルート
合宿前に
指導を頼めそうな人
講習を入れられる日

ゆるい会員ばかりなので最初は、ビールを飲みながらテントでのんびり昼寝でもするつもりだったが、
新人でクライミングにやる気がある会員が参加したいと言ってきた。
教えないといけないし、
ケガさせないようにフォローしないといけないし、
すこしは、会に刺激をいれようかなんて思ったりして
なんだか、体育会的にビシッとやる方向になってきて
燃えるぞ!ってノリになりそう。
部活みたいですわ。

おら部長だぞ。

130728 インクノット、マスト結び

この記事は、きわめてうちわのためのものです。
所属している山岳会の新人向けです。

結びの名称
名称は、4通り。すべて同じ結びです。
インクノット、マスト結び、巻結び、クローブヒッチ

目的
インクノットは、クライミングだけではなくヨットあるいは、キャンプでも使われています。
このムービーの目的は、その中でも
ロープを使ってセルフビレイを取るためです。
マルチピッチクライミングのみに限らず、ロープを出すような山行形態では、必ずマスターしておくべき基本中の基本の結び方です。

とても簡単な結び方ですが、一巻きした上からもう一巻きが、被さって力がかかるのでほどけません。
これで、自分の確保ができます。
シンプルでなおかつ素速く確実に目的を得られる。これがロープワークの基本です。

結び方は、両手を使って先にわっかを作る結び方や
木に結びつけるときのように後からわっかにする結び方もありますが、
このムービーは、カラビナにセルフビレイをとることに限定しています。

解説
自分の体側に延びているロープの末端は、ハーネスに結ばれています。
そのロープをカラビナに掛けてインクノットでセルフビレイを取ります。
カラビナのゲートが
右オープンと左オープンの両方向についてやっています。

どちらかのひとつだけ覚えていれば、済むとは限りません。
現場では、自分以外の人が、カラビナをセットすることがあるからです。




2013-07-26

130726 コンパネ用ハンガー

径サイズ
コンパネにドリルで穴を開ける。
ドリル穴は、右写真の通り。
























ねじ穴になるものをコンパネの裏から
爪が起っているのでハンマーで叩いて埋め込む。
右写真
コンパネに埋め込むねじ穴


 ねじ穴ができるので表側からハンガーをあてがってボルトねじで固定する。
ボルトサイズは、写真の通り。

説明を追加

2013-07-21

130721 榛名山黒岩・モチベーションの維持

7月13、14、15日の3連休すべて仕事。
7月19、20日出張で東京。
来週の土曜も仕事が入っている。
仕事がやってもやっても減らない。
どころか、日々新たな仕事が入って来て山積み。
しばらくこんな状態が続きそうだ。

社会人だから、仕事をしっかりやって生活を成り立たせるのが先ですからよしとしましょう。

そんなわけで
20日の朝早起きして東京のホテルを出るものの小川山や湯川は、無理。
行けるところは、近くの黒岩です。
クライミングの頻度も減っているので維持する程度のつもりでちょうどよしとする。

11時頃黒岩に着いて

アップで岳友会から、月に吠えろをそのまま繋げて登ってみる。
強引なルートのつなぎ方なので
岳友会の上部から、月に吠えろにライン替えをするところで
120cmのスリングを使い屈曲を少なくした。
なんとか、引きが重くなるギリギリで登り上げる。
60mロープを使い、35mほど登り上げたので
ロアダウンは、途中のテラスまでで一旦切る。
そこでロープを抜いて懸垂で降りるのだが、屈曲しているので引くのが重くなった。

次に掟5.12aをトップロープで取り付くが、
改めて12台のルートの違いを実感。
これを落とすには、集中してやらないと自分には、無理。
しかし、それほど魅力的なルートじゃないんだよね。

掟の後、昼ご飯を食べてゆっくり休み、
ボランティア5.11a
前回間違った動きをしてしまったので今回修整しておきたかったのだ。
核心のホールドが、熱でぬめっていたので指がはずれてしまった。
仕切り直して修整ムーブで解決。
これでよしとする。

まだ、できそうなので
三日月ハング5.11aを最後に取り付き
また、ハング越えでビビリが入り、1回休み。
ジムじゃ5級程度のムーブなんですけどねえ、
25m位の高さでやると自分に負けてしまうのでした。



5月に31便掛けて二子のノースを落とした。

ストイックになりがんばり続けて追い込んで
心が折れそうになりながらモチベーションを維持して限界を引き上げた(だからこそ価値があるのだが、)。

そのあと二子で落としたルートがグレードを下げたイレブン台の2本。
2本とも限界ぎりぎりのところでがんばることもなくそう苦労せず、落とせた。
正直楽になりたいという気持ちもあった。
そのうち梅雨になって二子ができなくなり、
僕の家族との時間を取ったりして外岩に行ける日も減った。
仕事に追い掛けられてしまい、平日のジムも行く日が減り行っても遅くなってしまった。
持久系のトレーニングも減った。
クライミングから、一切離れたわけではなく月に数度に間が空いた。

精神的に楽になるのも必要だが、
いったん下がったモチベーションを高めるのは、大変だ。

このサイクルを繰り返してグレードを上げていくのだが、
できれば、平常心でモチベーションを維持できて
追い込むという意識も楽になるという意識とも無縁でいられるようになれるのが理想。
まだまだだ。

2013-07-07

130707 榛名山黒岩

みんなで交替で老眼鏡をやっていた。

クライミングができるというのは、
当然のことだが、仕事をして、私生活も成り立たせてそれで初めてできるのだ。

今日の予定は、湯川でクラックだった。
しかし、前夜急にクライミング以外の用事ができてしまった。
どれだけ時間がかかるかわからないので
一緒に湯川に行くはずだったKNIちゃんとAYさんとKNDさんにすんませんとメールをしてやぶ用を優先させた。

それでもクライミングをしていたいのが、クライマー。
水の中でエラ呼吸している魚みたいなのだ。
急遽、所属している会の人達が行くであろう黒岩に混ぜてもらうことにした。

用事が午前中で終わったので黒岩に向かう。
黒岩は、自宅から1時間20分ほど。恵まれてます。

黒岩に着いたら、めずらしくSTさんがいた。
用意をしながらお話をする。
群馬の重鎮で僕は、とても及びもしないのに親しく話しかけてくれる。
本当にこの人は、尊敬に値する人だ。
僕の会の人達は、下の方にいると教えてもらって行ってみる。

下では、5人で黒岩老眼鏡を順番にやっていた。
自分的には、このルートは、まったくやる気無しなのだが、
自分は、この日、予定していなかった人。
みんなそれぞれにやりたいルートがあって来ている。
ルートは、ビレイヤーがいないと成り立たない。
そう考えると後から来たのに自分が登ることだけを考えて
あれを登るからビレイしてといきなり言うのは、自分本意の身勝手な考え。
しばらくみんなと話をして新人ふたりに挨拶してビレイをする。

これでみんなの午前中の区切りが付いた。

お昼を早めにすませたFKちゃんとSTさんが、ビレイしてくれるというので
ツル稜でツル、アヒル、ツルを連続でやった。
ちょうど午後1時頃で暑い、
ここのところ、自分のクライミングができていなかったので苦労する。
汗だくになり、3本連続で登ってアップ終了。

午後は、最近みんなが、集中しているボランティア。
久しぶりにリードで取り付いたが、核心のムーブができない。
帰りの車の中で気づいたが、核心のホールドの使い方が違っていた。
次回忘れないように修整。

ボランティアの後、みんなが交替でツル稜をやり出したので
新入会の男子に登ってもらうよう岳友会にトップロープを張る。
普段会と離れて勝手にやっていて新人の指導などまったくやっていないのだから、
たまに来たらこの程度のことをやらないといけないのだ。

核心で自力解決できるよう黙ってみていたら、苦労してるのでヒントを与える。
そこらでチョークアップしたらどうだ(チョークが付いているところが使うホールドだ。)。
左側には、足をおけるところがないよ(もっと右だろ。)。
そのうち登り方がわかり、すんなり突破。
たぶんうまくなるのが速いと思う。本人次第だけど。

4時過ぎにみんなが帰るというのでFKちゃんにお願いして
もう一本(正確には、2本分)ビレイしてもらった。
練習岩を一緒に登ってテラスに上がり
月下美人と月に吠えろを続けてやってみた。
久しぶりに高く登るのは、気持ちが良かった。
この日、7便やったけど、昨日の有笠(4便)よりぜんぜん楽だった。

2013-07-06

130706 有笠ヘルケイブ

Blast-off ハング超え

有笠は、2011年10月8日以来だ。
前回初めてヘルケイブに行ってBlast-off 5.12aでさんざんな思いをした。
当時、自分のクライミンググレードは5.11b
それでBlast-offに手を付けたのだから結果は、見えていた。
何回やっても出だしでブラン。
あのときの記憶が、ずっとトラウマになってBlast-offに手を出すのが怖くなってしまっていた。

やっと12台を登れたことだし、KNIちゃんとAYさんが、毎週しんすけを落とすため通っているし、
いつも一緒に行ってるKNDさんが土曜仕事なので思い切って行くことにした。

有笠の林道入り口までは、自宅からちょうど1時間30分だ。
群馬に住んでいて恵まれたクライミング環境を実感。

3人でケイブに着いたが、他に誰もいない。
当然と言えば、当然だ。岩は、湿っているというか、濡れている。
もっともこの時期いいコンディションを望むのが贅沢なのだ。
でも、この状態でやると格段に強くなれるんだよねと2人に言われた。
なるほど。ポジティブシンキングだ。
今日の登りは、ダメだとしても先のことを見越せば、やっておく価値があるのだ。
ルンルンしんすけのKNちゃん
それにこの日ずっと3人だけだったのでマイペースでできたし。
この日は、ずっと曇り空だったが、雨が降ることもなく風も吹いてきてだんだん岩が乾いてきた。

1便目ヌン掛け
Blast-offの出だしで使うホールドは、水が流れ出している。
ヌン掛けなのでプリ棒を使って2つ目のボルトまで掛けてしまう。
プリ棒をぶら下げてホールドを確かめながら5つのクイックドローを掛ける。

この日、ヌン掛け後、3便出してみた。
自分の限界グレードと同レベルなのですんなりは、行かない。
同じくルンルンのAYさん
しかし、1便ごとにすこしずつ進歩する。
各駅でムーブをこなしながらハングも突破したので
取り組むに値するクライマーになった気がした。

それにしても、
わかっているのに怖くて手を出せずにテンション。
思いきってやってみるとできる。
これ何とかしないといかんです。

帰りに車のニュースで知ったがこの日関東の梅雨が明けた。