2013-05-28

130528 あと3mでRPできなかったのは(榛名山黒岩)

高さ25mのルート
リードでのトライ1便目。
真ん中の核心は、すんなりいった。
最後のクリップ近辺の左手縦カチの嫌らしいホールドもうまく越えた。

あと、3m。
ライン取りとホールドさえ間違えなければ、ガバが続いてリップの上に出て終了点にクリップできる。

右にそれる。
左に戻り、再び登り始めたところでフォール。

高さ20m以上で最後のクリップから約2m出ていた。
ロープの伸びがかなり出るので引いても吸収する。
初めてのフォールなので落下距離を少なくするためにも引く。
それでも4mほど落ちた。

しばらくして彼女は、再び登り始める。
冷静さを取り戻したのか、ルートをそれずに直上しトップアウト。

ロアダウンで降りてきて
「くやしいー。」

彼女は、このルートを5カ月前にトップロープでやったときから落としたかったのだ。
「惜しかったね。ライン取りを右にとっちゃったのが、アウト。なんでそうなったと思う?」

「えっ.......」

「集中が続かなかったから。もう一つ。クライマーがほんとに落としたいと思ったときは、取り付く前に15分ぐらい誰ともしゃべらずにイメージを作り上げてルートを間違えないようにするよ。そこまで真剣にするもんだよ。」

「.......」

残り3mでしかも簡単なシークエンスを残してのフォールは、惜しい。
でも、ものは、考えようだ。
彼女は、この悔しい思いをしたことで何が足りないのか身に浸みて感じるはずだ。
先のことを考えると今日後一歩で落ちたことで得られたものは、大きいはずだ。
「さんざん怖い思いをして悔しい思いをして惨めな思いをするからこそ価値があるんだよね。」

「....木曜日ジムお願いします。」
酒屋の娘の気合いが入った。

**********************

ウィークディに休みを取ったのは、1年以上なかった。
勝手に弟子と呼んでいるふたりの後輩が、土日休みが取れない仕事のため一肌脱いだのだ。
弟子1は、来られたが、弟子2が急な仕事が入ってしまい来られなくなってしまった。

弟子1と僕のふたりで黒岩。
しかも一日中他には誰も来ない霧の中の静かな黒岩だった。
アップ代わりに岳友会をリードしてクイックドローをセットしてトップロープを掛ける。
弟子1が、練習岩でアップでリード。
僕が、ツル稜に取り付く。
ツルをリードしてロアダウンしてもらい、
そのままビレイを解除させずに続けてアヒルをトップロープで登り上げる。
ロアダウンしてもらったが、まだ出せるのでさらに続けてツルをまた登る。
3連続でほどほどにパンプしたのでここまでにしたが、途中で根を上げてしまうことを覚悟すれば、もう1本続けられたかも。

彼女が、トップロープで岳友会を一本。

昼食後。
僕が、掟5.12aを各駅でテンションを掛けながらリードする。
掟は、たまに来て落とせるようなルートではないことをつくづく感じさせられる。

彼女が、また岳友会。
あちこちのルートをやらせずに1本に集中させる。
だいぶ固まってきた。
彼女自身が、「もう一本、もう少し休んだら、次は、リードでやります。」と言ってきた。

彼女が休んでいる間に
僕が、岳友会をもう一度登ってみせる。

5時になり、彼女が最後のトライを始める。
途中から、ずっと雨が降りそうだったのだが、とうとう降り出した。
雨の中のRPなんてドラマチックだったのだが、

ここのところ、自分のためだけのクライミングが続いていた。
たまには、後輩の面倒を見るのもいいもんだ。

2013-05-27

130525.26 二子山東岳 オ・ララー

130525
オ・ララー5.11b
ITさんと一緒にやらせてもらうことにした。
先にITさんが、マスターでクイックドローを掛けながらホールドを教えてくれる。
ありがたや。
なんたってITさんは、二子開拓直後に通っていたクライマーなもんで頼りになります。
1便目探りながらトップアウト。
ホテル二子5.11cより早く落とせそう。
この日は、3便出した。落とせず。

130526
藤の花があちこちにみかけられ初夏ですよ。
今週から七分丈のクライミングパンツをはき出したのだけど
ブヨが出てきて刺されてしまった。
虫除け対策が必要になってきた。

この日もオ・ララー
1便目。昨日よりは、高いところまで到達したが、バンプしてテンション。
2便目。最後の1手を取れずにテンション。
落ちてもたいしたことはないのだから、思い切って手を伸ばせば届く距離なのに
いつもの詰めの甘さが出てしまった。
3便目。レッドポイント。

オ・ララーは、2日6便。
もっと冷静にいけば、便数少なくなると思うのだが。

最後にクールダウンでノースを途中まで

ノースを落としてからホテル二子5.11c、オ・ララー5.11bと
グレードを落としてイレブン台を続けて2本やったので
次は、また5.12台を狙います。

虫さされの足かゆ~。

2013-05-19

130518.19 二子山東岳 ホテル二子

鮮やかな新緑。気持ちがいい。
130518
自宅からぴったり2時間。
9:45に弓状に着いた。
1人でラーメン師匠を待つが、こない。

ほとんどのクライマーとは、顔見知りになっている。
でも、挨拶程度しかしていないので迷ったが、他に方法はない。
よねさんに事情を説明して混ぜてくださいとお願いする。
ここに来るクライマーはみんな仲間だからとすぐに引き受けてもらえたのでありがたい。
話をしているとちょうどTさんM子さんが来たのでせっかくいい返事をもらえたのだが、
TさんとM子さんのアップに一緒にさせてもらう。

二子は、強くなると言われていたが、
フィジカル、メンタル、そして人間関係についてもたくましくなれる。

アップのあとおなかが空いてきたので腹ごしらえをして休憩。
しばらくしてTさんが声を掛けてくれたので今日の目標ホテル二子5.11cに取り付く。

1便目
まだ、ホールドがわかっていない。
下からTさんに教えてもらいながら登っていく。
1便目のあと下からずっとTさんに登ってもらったムービーを見ながらホールドと手順を確認する。

2便目
ホールドは、わかっていたのだが、
4つ目をクリップしてから次のホールドが取れない。
体の位置が悪かった。
テンションを掛けて足の位置を直す。
つくづく思うのだが、
何度もムービーを見て下からホールドも確かめているのに飲み込みの悪いやっちゃ。
下でビレイしていたTさんに肩と腕に力が入りすぎていると言われる。
いまだに初心者みたいにしがみついている登り、精神的に負けている。
2便目は、1度テンションを掛けただけでトップアウトできたので次からレッドポイントねらいに切り替える。

3便目
ピックモモを落としたときは、その日5本目。
ノースは、最後のコルネに立ってから12便も掛けている。
詰めが甘いのだ。
やはり、また、失敗。
明日もあるのでここまでにした。

130519
この日は、ホテル二子を落とす気満々。
1便目ホテルを出た後超力んでしまった。
最後のホールドを取り切れずフォール。

2便目をやる前に祠までジョギングして体を温める。
祠では、杉野保さんがクライミングスクール。8人ぐらいいた。
邪魔にならないように真ん中の祠の前でお参り。

ホテル二子のライン。イレブンでも傾斜は同じ
2便目
力まないように足に乗ることを意識する。
お参りの成果でしょうか。
最後のホールドもなんてことなく簡単に届く。

ホテル二子5.11cレッドポイント
合計3日7便
グレードを下げたのでうれしさは、少し。
これを落とせたのは、Tさんのおかげです。
このレベルならもう少し少ない本数で落とせるようにしたい。

次は、オ・ララー5.11bをもっと短い日数で落として
また5.12台のルートに取り組みたい。

2013-05-14

クイックドローの消耗


だいぶえぐれました。しかもピカピカ。


























二子のノースマウンテンに
3月16日から5月11日まで57日間クイックドローを掛けっぱなしにした。
その結果、どうなったか。
そのうちの1本が、写真のクイックドロー。

人気ルートだし
フォールも
途中で断念ロアダウンもよくあることなので
消耗するだろうとは思っていたが、
これほどとは思わなんだ。

フリークライミングは、オウンリスクが原則。
掛けてあるクイックドローが破断しても
ボルトが抜けても
それを信じたクライマーの責任。
何撃で落としたかも気になるところだが、
ボルトや終了点、掛けてあるクイックドロー(特にずっと掛けっぱなしになっているクイックドロー)が大丈夫か確認すべしを実感。

このままずっと掛けておいて
フォールしたクライマーの衝撃がかかり破断したと思うとゾッとする。

ゴールデンウィークの時に掛けっぱなしのルートを数えてみたら16もあった。

これでこのクイックドローは、使えなくなった。
やばっ、半分しか残ってない。
でも、たくさんのクライマーの登りを参考にさせてもらった。
十分に元が取れた。
記念にとっとくことにした。















おまけ

掛けっぱなしにするたびにこれでは、登れた代償と言っても安くない、納得できないとなると
プーリー付きカラビナにすれば、すり減らない。
屈曲したロングルートでロープの引きが重くなるときにも効果あり。
榛名黒岩のエンドオプアレインボー5.12bがそうである。

DMMのリボルバーは、1個4,800円。
ブラックダイヤモンドのニュートリノなら6個買えてしまう。
費用対効果を考えるとなんだかなあである。

黒岩のエンドオプアレインボーは、日本100名ルートの1本なんだから、費用を掛ける価値がある。
酒飲んで無駄遣いするよりよっぽどマシな出費などと自分を納得させて
買っておこうかなと思う心理。
クライマーがはまるひとつのパターンで
また、滅多に使わない道具が増えてしまうんだよね。

ペツルのマイクロトラクションなんか1万円以上したけど、1回も使ったことないし。使い方とっくに忘れてるし。

2013-05-13

130512 二子山東岳

昨日の昼から明け方まで雨が降っていたので
岩には、雨が流れ出しているだろうと思い
11時頃に二子に着いたらびっくり。
ぜんぜん濡れてないどころか乾いて真夏のように暑くなっている。

さっそくワーカホリックでアップ。
すぐにかねださんが、おいしいよを出すのでビレイ。

僕は、今日からホテル二子5.11cをすることにした。
12を落としたのになんで?と言われたが、
もう少し二子慣れをして動きを洗練させたいと思ったからだ。
下で見ながら時間をかけてムーブを組み立ててみたが、民宿から上がよくわからない。
その場で探りながら解決することにして取り付く。

一応、二子の12を登ったので11ならそう苦労はないだろうと思っていたが、
各駅でテンションをかけてやっとことさ民宿まで
民宿から上に抜けるところで苦労していると下からTさんが、ホールドを教えてくれる。
民宿を出てピンチを取った後に上のガバを取ろうとして伸び上がったところでフォール。

気分は、一夜にしてトゥエレブクライマーからイレブンクライマーに格下げ。トホホ。
自業自得なんだが。

しばらくしてTさんが、アップでホテル二子をやりますよと言ってくれたので
ありがたく途中からのクイックドローをかけてもらい、模範演技も見せてもらった。
しかし、あまりにもすいすい登られたのでとてもできそうにない。
いや、Tさんは、美しき流れ5.13c(5.14aという評価も)をやっているのだからそもそも同じ登りは無理。
すいすいでなくてもゆっくりでいいのだ。

2便目
さすがにホールドを教えてもらったのでなんとかかんとかトップアウト。
うーん...だ。
これまた何便もかかりそう。
思い出した。
ホテル二子は、11にしちゃ辛くて苦労するから、
どうせ苦労するなら12をやった方がいいと言われてノースをやったのだ。

日が長くなってきた。午後7時の二子
手を出してしまった以上、
縦コルネを使って振りで登るには、ちょうどよさそうなルートなのでよしとする。

本日、遅くに来たのでお終いは、7時近くになってしまい駐車場までヘッデンで降りてきた。


2013-05-11

130511 二子山東岳ノースマウンテン5.12a

斜面は、濡れてるけど岩肌とその下は濡れてない。



天気予報は、9時頃から雨。
二子は、雨でもできるので7時45分一人自宅を出発。
10時弓状に着いた。
すぐTさんとM子さんが来たのでアップを一緒にお願いした。
ワーカホリック5.10bのあと
ダイとゴン5.9(初)。見た目むずかしそうだが、そうでもなかった。

ダイとゴンを降りてくるとラーメン師匠が来た。
師匠のワーカホリックのアップをビレイ。

ここいらから雨が降り出し、ずっと一日中雨になった。
でかい被っている岩場なので岩とその下は、影響なし。

アップが終わったのでノースマウンテン1便目
2つ目のボルトの左のアンダーポケットのホールドを取ろうとしたら、
奥にコウモリがいてばっちり目が合ってしまった。
レッドポイントに王手がかかってるので気合い満々なのに。
コウモリのせいにするつもりはないのですけど、
最後のニーバーを決めてコルネの上に立ったところで下を見てしまった。
びびってしまい、フォール。

ノース2便目
3時になり師匠が帰ってしまったので熊谷のSさんにビレイしてもらう。
ひとりになってもビレイしてもらえる人ができてきたのは、うれしい。
最後のニーバーも両手を離しても大丈夫そうなほど余裕が出てきた。
コルネの上に立って右手をとって両足を一段上げ左手をとる。
今までは、ここいらでうなり声を上げていたのにそんな必要もなかった。
伸び上がって最後のホールドを右手を伸ばして取って終了。

レッドポイント

なんだか余裕だった。
レッドポイントの時って余裕で登れちゃったとよく聞くが、
おかしな動きをするから、無駄な力を使ってしまい登れないのだ。
レッドポイントというか登れたということは、それが解決できたのだから、
今までより余裕を感じて当然。

岩のひさしの外は、こんな感じ
これで11台のクライマーから12台のクライマーになった。
ロックアンドスノーの日本100名ルートのひとつでトゥエレブクライマーになったのもうれしい。
自分は、運動神経も良い方ではないし、年も取っている。
延べ日数15日31便もかかったけどそれでも登れたということは、
がんばれば、誰でも登れるルートです。

2013-05-06

130503.04.06 二子山東岳

出だし後4手目
















130503
あいかわらずノースマウンテン
12日空いただけで登れなくなったというのか
12日も空けば戻ってしまうというのか
自分にとっては、やっとやっとのルート。
4月21日にあと3手までいっていたので
RPトライなのだろうが、
上のニーバーレストでテンションをかけて休まなければならない状態だった。
この日は、2便出してなんとか感覚を取り戻してお終い。

130504
この日の二子は、ガラガラ。午後には、弓状にいるクライマーは、8人になってしまった。
この日ノース2便。
4月21日に到達したレベルまで戻した。
下で見ていたTさんにもっと下からの登りを洗練させないとと言われてしまった。
まだまだ力を入れすぎている。
楽に登りたいです。
2便やって右腰筋肉痛。
右膝ニーバーが3カ所あるので右腰に負担がかかってしまった。

130505
この日は、家族サービスでクライミング休養。
右腰筋肉痛のため起っているだけでもつらい。
家族全員でショッピングセンターに出かけたが、ひとり車の中で昼寝。
夕方になってやっと少し楽になった。

130506
朝起きて1キロちょっとジョギングしてみる。
まっすぐ方向の動きなら大丈夫だが、まだ腰に張りは残っているのでひねるのが怖い。
だめだったら新緑の木漏れ日の下の昼寝も気持ちいいし、
ラーメン師匠が来るのでとりあえず行くことにする。
この日も二子は、13人だけ。
1便目
腰の状態だと1便出すのが限界と思いトライ
最後の2手まで届いたが、足が上がらずフォール。
1手前進した。
1手進むのに5便かかった。ということは、...
2便目
夕方までじっくり休んで腰が痛くないのでもう1便出すことにした。
最後のホールドに右手が届く。
しかし、握ったところが今ひとつ浅かったため耐えきれずフォール。
くっくっくやしい。

今日は、2便とも苦しくなって「張ってください」で終わるのではなく
最後に思いきって足を上げてフォール、
最後の力を振り絞って手を出してフォール、
なのでいさぎよしとしておく。

ノース最上部
あとは、最後のホールドをしっかり握り終了点にクリップだけ。
例年だと二子は、すでに浸み出しで登れないようなので
自分らしくないのだが、もう少しもってくれるように神様仏様にお願い。

これで29便になってしまった。