2013-04-29

130427-29 白馬岳主稜


先を行くまっちゃん。ずっと右上が山頂。



130427
17:00 白馬村おおしも食堂
まっちゃんと2人で早めの夕食をとりながらテレビを見ていると
NHKのニュースで白馬大雪渓での雪崩事故が流される。
もともと下降ルートは、山頂の山小屋で確認して決めることにしていたが、
これで大雪渓の下降は、なしになった。
猿倉山荘前の駐車場に着くとテレビ局の中継車が駐まっている。
猿倉山荘に登山計画書を提出し、様子を聞いてみる。
明日は、ここから入ること自体制限されるかもとのこと。

まっちゃんと相談し、行くとしても下降は、栂池か白馬鑓。
朝ダメならダメで考えようとなった。
駐車場にて就寝。

猿倉山荘の報道陣
















130428
5:36
猿倉山荘前には、すでに取材陣が詰めかけている。
取材されるのを避けて猿倉山荘の裏手から出発する。

白馬尻までの間に撤退するパーティーとすれ違う。
白馬尻は、強風とのこと。

白馬尻から大雪渓
7:24 白馬尻
白馬尻は、風の通り道なのでブリザードに近い。
幕営しているテントは見えない。
前に4人パーティーが白馬尻から主稜の斜面に取り付いている。
6人パーティーが斜面下部で停滞している。
6人パーティーとすれ違ったときには、下降し始めてきた。
これで撤退2パーティー。

白馬尻から主稜に取り付いた先行パーティー


長岡ガイドがコンテで行く。

















8:52
Ⅷ峰の半分ほど登ったところで前の4人パーティーに近づいたところ、
聞いたことのある声。
ゲゲッ。世間は狭い。
長岡ガイドだった。
「いやー、これでコラボして登れるぞ。」と言われる。
ここまでずっとラッセルした踏み跡を使わせてもらったし、
よく知ってる関係なので断れるはずもなく一列縦隊で交替ラッセル。
ところが、長岡氏「俺たちⅧ峰の先までで帰る。次の予定入ってるし。」ですと
そこから先は、2人でラッセルを続けるのかと思うとぞっとする。
まだ最初のピークのⅧ峰にも届いてないのに膝ラッセルで体力をどんだけ使うのかと考えると
先を見てだめそうなら長岡ガイドパーティーと同じく途中敗退も頭によぎる。

Ⅷ峰を過ぎる前で単独者に抜かれ、

Ⅷ峰を過ぎたあたりでまた単独者に抜かれる。


振り返ると稜線らしくなってくる。













上から単独その1、単独その2、下降してくる長岡ガイドの教え子2名、長岡ガイドパーティー4名




























10:25
上からは、2名のパーティーが、稜線を下りてくる。
どうやら敗退してきたようだ。
これで敗退3パーティー。
この2人とすれ違うときに長岡ガイドが、自分の教え子と言っていた。
偶然なんだかどれだけ顔が広い人なんだか。
長岡ガイドのパーティーは、ここまでとなる。
長岡ガイドのパーティーは、最初から途中までと決めているので敗退ではないが、途中退却4パーティー目。
天気は、どんどん良くなり風も収まり進むことにする。

しばらくして長野県警ヘリが大雪渓下部でホバーリングして引き上げているのが見下ろせた。
遭難者の収容か。


大雪渓のデブリ


























Ⅴ峰のあたりで今度は、単独行の一人が降りてくる。
雪が安定していないので撤退することにしたとのこと。
これで撤退5パーティー。

天候はどんどん良くなっているのだが、
彼の言うとおり足元の状況が悪い。
春のしまった雪ならもっと快適なはずだ。
我々も歩いていて膝下ぐらいまで新しい柔らかい雪だが、その下は、ザラメ状の層になっていることがわかる。
これは、新雪が弱層の上に積もっていることを意味する。
主稜は、基本稜線上のナイフエッジであり
雪崩が発生するとしても自分たちの上からはこないし、
急斜面では、斜度が雪崩の発生しやすい角度を超えているので
雪崩れるような雪は、そもそも斜面に残りにくく確率は、低い。
しかし、自分たちが乗っている雪面ごと雪崩れるかもしれないのだ。
昨日の大雪渓の雪崩も新雪が弱層の上に降って起きている。

新雪の下のザラメの層までクランポンの爪が届くように踏みしめる。
これ以上柔らかい層が厚く下の固い層をとらえられないようだと我々も撤退を考えなければならない。

登山をする限りは、たとえ高尾山のハイキングでもリスクゼロを求めることはできない。
矛盾するようだが、受け入れるリスクが、自分達にコントロールできるかどうかの判断だ。
それも100パーセントのコントロールは、できない。
正解は、結果かも知れないが、敗退しようと成功しようと常に判断の基準は、生きて帰ってくることだ。
命を賭けるまでの価値はないのだから。


山頂が見えてくる。風も収まってきた。

振り返ると高度感も出てきた。

我々の前には、もう一人の単独行者のみとなった。
ゴールデンウィークの2日目というのに主稜の上部にいるのは、3人だけ。
ここから先の斜面は、前を行く単独行者の動きを確認しながらとなる。
それにしても我々の前には、この人の踏み跡しかないのだからこの人はひとりでずっとラッセルを続けているのだ。
しかも我々との距離が開いていく。
トレースが付いてありがたいというか、すごい強さに驚く。

主稜は、ずっとナイフエッジと急斜面が続く。
しかも右も左も落ちると下まで引っかかりがない斜面で
右は白馬沢に、左は大雪渓まで落ちれば、1000メートル位滑落しそうである。


ナイフエッジでロープを出す。

12:10
ほぼ、まっちゃんが先を行く。
途中、まっちゃんが、「このナイフエッジやばい。ロープだそう。」となり、
スタンディングでアックスビレイをとる。
まっちゃんが進みだし、「あれっ、ロープ出さなくてもいいみたい。」とは言うものの、
「いやっ、俺が怖いからロープつかって。」と返事する。
正直怖い。
一歩転んだだけでずーっと下まで落ちることを意識すると平常心で歩くことは、難しい。
一歩一歩バランスをとりながらとなる。


上ってきた稜線。美しい。けどしんどかった。


最後の雪壁の手前のコルで休みを取る。
下を見ると4人ぐらいのパーティーが登ってくる。
自分たちとは、1時間30分位の時間の差だろう。



最後の雪壁に取り付く。

最後の雪壁をロープ無しで登ってしまうまっちゃん。
15:30
最後の雪壁となる。
まっちゃんにビレイポイントを探すため、良さそうなところで止まってくれと声をかける。
まっちゃんかまわず、登り続ける。
確かに下から見るとこれまで登ってきた急斜面とさほど変わらない。
ロープなしでも十分にいけそうだ。
まっちゃんに続く。
雪壁上部になるとこれまでの急斜面とは違う。
強風が吹き付け柔らかな新雪はない。
表面が硬化したモナカ状になっている。
アックスを打ち込むと四方30cm位にヒビが入る。
これでは、体をまかすことはできないのでモナカの表面を取り除くが、
次の層は、やわらかい雪だ。
手を差し込んでホールドにするが、しっかりはしていない。

まっちゃんは、どんどん登り上げて結局ロープ無しで最後のキノコも突破してしまう。
やったー。さすが、まっちゃん。ではなくて
こっちは、最後のキノコの垂直部でなかなか勇気が出なかったので
まっちゃんにロープを出してもらえる。
いっさいためらわず泣きをいれる
「まっちゃ~ん。ロープ出して~。」
しばらくすると上から環付カラビナが付いたロープがするすると
地獄の血の池で蜘蛛の糸にしがみつくカンダタの気持ちがよーくわかる。
ロープの安心感のおかげでテンションをかけずに抜けることができた。

フリークライミングのグレードもアイスクライミングのリードも僕の方がぜんぜん上なのに今回は、まったく逆。
ここのところフリーのボルトルートが中心になった僕にとってこういったアルパインの不確実性に対する精神的な許容度は、相対的に落ちているのだ。

なんとも頼もしいまっちゃんに感謝。


まったく賑わってない白馬岳山頂

















16:00
山頂に這いつくばるように出る。超かっこわるい。
ちょうど2人の登山者が小蓮華尾根から登り上げてきたところだった。
何事もなかったようにすっくと立ち上がるオレ。
山頂は、強風が吹き付けているので写真を撮りさっさと白馬山荘に降りる。

白馬山荘で受付。
ルートを聞かれる。
猿倉から主稜と答えると下降はと聞かれる。
大雪渓には入りたくないので白馬鑓か栂池と答える。
白馬鑓は、やめた方がいいとのことで明日は、栂池に降りることにする。
特別料金でもないのに6畳の個室に案内された。
宿泊者を食事の時に数えてみると14人。
静かな夕食となった。

さすがに疲れた。
標高差1700mでラッセルあり、ツボ足あり、不安定なナイフエッジあり、4足歩行ありでヘトヘトだった。
雪崩リスクの把握と行動選択について貴重な経験となり神経をすり減らした。
許容量ののりしろが少ない山行は必ずしも勧められるものではないが、
それをすることにより自分を高められるのも事実。

18時に食事をとりテレビの天気予報を見て19時には、寝てしまった。


130429
明け方から風が強くなる。
6時に朝食をとったが、降りるだけなので急ぐことはない。
しばらく様子を見ることにする。

7:44
風は、おさまらないが、視界はよいので出発することにする。



小蓮華尾根から主稜中間部
8:30
山頂を三国境に降る途中で主稜が見えると
最後の雪壁近くに数人がいる。
この時間であそこということは、昨日後ろに見えていたパーティーのようだ。
自分たちは、登山道なのに強風でマイケルジャクソンの前傾ダンス。
ナイフエッジでテントを背負って飛ばされそうになりながら進むのを想像すると恐ろしくなる。
昨日は、天候に恵まれて本当によかった。

帰りは、下るだけだから楽々と思っていたらかなりしんどかったが、
遠回りしながら主稜の稜線や白馬鑓、八方尾根までが美しかった。


栂池からは、真っ正面に主稜の稜線が見えた。

11:30
栂池スキー場ロープウェイ乗り場に着く。
ロープウェイとゴンドラ料金で1750円
栂池から猿倉までタクシー代5300円
身の安全のためには、納得の費用だ。

猿倉に着くと長野県警の車や報道陣が、詰めている。
余計なことを聞かれるのがいやなのでそそくさと荷物を積んで走り去る。

2013-04-21

130421 二子山東岳

雪の境目がくっきり

朝起きると雨がしっかり降っている。
赤城山もまったく見えない。

それでも二子に行くと約束してるので出発した。
待ち合わせ場所について二子に向かう道中もずっとワイパーを動かしながら。
神流町あたりから、国道沿いの家々の屋根には、雪が積もっている。

目的は、ほぼ、雨で濡れた弓状を確認するになり、
二子経由でベースキャンプに行くには、どのルートにするか話しながら向かう。

二子駐車場についてもまだみぞれが少し降っている。
長靴を履き、登山道に積もった雪を踏み締めながら弓状へ。



しかし、岩は、ぜんぜん濡れてない。


着いてびっくり。

山の斜面は、雪で真っ白なのに
岩は、濡れてないどころか、乾いている。

アホなクライマーがすでに7人も来ている。

今日は、M子さんとかねださんの3人でアップ。
ワーカーホリックとそのふたつ隣のトポに乗ってない10台のルート。
二子に珍しく90度以下のフェースのカチルート。
取り付くとホールドが小さくて見た目と違い怖い。
アップアップしながらアップを2本やったので体が温まる。
天気もよくなってくる。
というか、次第に晴れ間が出てきて日差しが当たると温かい。


山肌は、真っ白


ノースマウンテン
1便目。
最後のクリップをしてニーバーを決めたあとコルネの上に立つ。
昨日と同じ高さまで来た。
どうにかして手を出そうとするが、根性なし。
ここで終わる。

この日、弓状には、14人来ていた。
いつもの週末の半分以下。
人が少なく静かで集中できる。
まるで平日に来ているようだ。
自分のペースで取り付ける。

まったく問題なしで登ってる。

ずっと一緒にここに通ってきたかねださんのおいしいよのビレイ。
核心ムーブがこなれてきたので落とすモードに入っている。気迫を感じる。

ノース
2便目。
4つ目をクリップしてニーバーから飛び上がるように起ちあがったため
するっとスタンスから足が抜けて落ちてしまった。
そんなに力を込めなくてもホールドを取れるのにあきらかに力んでしまったためだ。
これで2便目は、あっさりお終いになったので3便目を出せる余力が残った。

アタック便は、1日3本が限界なのでこの日あと1本にかける。

ビッグモモであと一歩まで来てから手こずったのを思い出す。
すぐ落とせると思っていたのでイメージを固めずに出し続けてしまったのだ。
今回、同じ轍を踏まないように出だしから終了点まで何度もイメージの中でムーブを繰り返す。

あと3手と終了点といえば、すぐにでも落とせそうに聞こえる。
ここからの数手は、何度もやっているのでテンションをかけて回復させれば、できる。
しかし、1便目でテンションをかけて回復させたときに腕を揉んだが、カッチカチに固まっていた。
前腕が、限界に達している。
余力を残すには、スタートから終了点までのムーブをもっと無駄なくしなければならない。
集中させる。
ここでは、横になってじっとしているクライマーをよく見かけるが、同じだ。
回復させながら集中してせいぜい1日3便のためにじっとしている。

ノースを2~3便で落とすクライマーを何人も見てきたが、
自分にとっては、初の12台をこれで狙っているので
一大スペクタクル巨編なのだ。

3便目。
日中ポカポカだったのが、日がかげって夕方になり一気に寒くなった。
気合いを入れてTシャツ一枚になってとりつく。
中盤のコルネでキョンとステミングをして回復させるが、風が吹きつけて体温が奪われる。
岩も冷えて指が冷たい。
自分の息を吹きかけて暖めて後半に入る。
最後のニーバーを決めてコルネの上に立ち上がり、次の一手が出せる。
行くぞー!!と気合い満々で右手で縦ホールドを取ったが、
祠エリア
届いていて握っているのに指が凍り付いているように感覚がなく、力が入らない。
そのままストーンと4メートルほどフォールして終わった。


これで23便になってしまった。












2013-04-20

130420 二子山東岳

くにちゃんとかねださんの3人で二子に向かう。
週末で混んでいてアップのルートがどこも順番待ち。

アップ便でいきなりノースをすることになる。
1便目で上部のニーバーを決め8個目のクイックドローにクリップ。
左のもっこりしたガバを取ったところで力尽きテンション。
腕を回復させてトップアウト。

自分的には、想定外の進展だ。
今まで到達クリップをどこまで伸ばせるかだったが、
最後のクリップまで到達したのであと3手と終了点のクリップだ。
次からRPねらいに切り替える。

11時頃ラーメン師匠が来る。
師匠のワーカホリックのアップとノースをビレイ。

2便目でRPをねらうが、力んで失敗。
これで20便。

今日中に3便目を出すか迷う。
ノース3便目となると腕に来てしまうし、
今晩から明日午前中までの予報は、雨。
しかも、夕方から二子でもみぞれ交じりの雪が降り出した。

迷うが、明日に取っておくことにした。

2013-04-14

130414 二子山東岳

今日も二子弓状
今日もワーカホリックでアップ。

ノース
本日3便出しました。
3便目に6つ目までクリップできたので
最高到達点を今日もひとつ伸ばす。

地味にちょぼちょぼ進歩してます。

あと2つクリップに終了点クリップのみっつ。
ここからがしんどいのでまだまだだ。

ノース計18便。
あと何便かかるのだか。

今日は、22℃まで気温が上がった。
ポカポカしていい気持ちで昼寝ができた。

2週間ぐらい前から
冬場、城ヶ崎に行っていた人達が来始めたり
二子に来る人達が少し変わり始めた。

2013-04-13

130413 二子山東岳

今日も二子弓状
股峠までのアプローチ道には、放射冷却で冷えたのだか霜柱が。
朝晩はまだひんやりしている。

ワーカホリックでアップ。

ノース
1便目5つ目までクリップして休憩ポイントまで到達。
最高到達点をひとつ伸ばす。
久しぶりに3月20日以来のトップアウト。

2便目最初のニーバーから起ちあがるときにテンション。やってもうた。もったいない。
とりあえず2便目もトップアウトできた。

ノース計16便
先週のビシャビシャで最初のニーバーまでを2本やったのは、0.5×2としといた。

よそで12を登ってきてるんじゃなくて
初12トライがここなんだから、長期戦覚悟。
しかし、そろそろシーズン終わるかも。

ラーメン師匠のノース2日目計2便目。
ビレイをしながら下からホールドやムーブを言うべきか言うまいか悩む。
最後のサイドガバ取りだけは、落ちるとちびってしまうので左足スタンスを伝える。
無事トップアウト。
ラーメン師匠は、お仕事があるので1便出しただけで帰って行った。

明日もあるのでノースは、2便までにして
クールダウンでクールダウンしておしまい。

本日ビレイがなかなか忙しかった。
かねださんのノースのアップをビレイして
ラーメン師匠の悪魔のアップをビレイして
かねださんのおいしいよをビレイして
ラーメン師匠のノースのビレイをして
かぶっているところのビレイだから、クライマーの位置が、頭の真上から後ろになる。
これを立て続けにやったのでクビが凝ってしまった。

まあ、おかげで
フォールしたときにほわんと浮き上がって吸収するタイミングや
クリップのためのロープ出しのタルタル加減といった
二子のビレイにもやっとなれてきて
かねださんにビレイうまくなってきたとほめられてしまった。

よくみると皆さんけっこうタルタルでビレイしてます。
クリップするときのロープのたぐりで引っ張られないし、
当然、ロングフォールとなるが、落下距離が長ければ、
壁とクライマーが離れて壁にぶつかる危険も減る。
そこいらをわかっているようでみなさんロングフォールしても平気だし。

ワタクシは、まだまだロングフォールには、ぜんぜんなれてないっす。

二子は、
肉体、精神、技術だけでなくビレイも鍛えられます。

2013-04-07

130407 二子山東岳



前日午後からの低気圧の通過で荒れた天気

行かない方が、無難だけど、
予報では、明け方には、雨がやむということと
雨で登れなくなった二子を見てみたいという気持ちもあったので
僕からお願いして行くことになった。

いつもより遅く前橋インター近くに8時30分に待ち合わせて
10時過ぎに二子の登山口に着いた。
行く途中も時々パラパラと振ってきたので
誰もいないだろうと思って行ってみたら、

いつもの常連の人達が来ていた。
たぶん皆さん自覚しているアホなんでしょう。

浸みだしというか流れ出しで
しずくがぽたぽた岩は、ビシャビシャ。
わずかにペトルーシュカとマイライフの間の数本が登れるようで
みんなが集中し順番待ちになっていた。

僕は、ノースの下部のニーバーまでならできそうなので
そこまででもムーブを固めるため2本続けてやってみた。

あとどうするか。
しずくが止まるのに時間がかかりそうだし、その後岩が乾くのを待つと一日が終わってしまうので
これにてジムに戻り2時過ぎから夕方までウォールストリートで練習。
石灰岩は、ジム壁に最も近いと言うが、
ここのところ二子に行くようになってかぶったリード壁は、確かに似ているのを実感。
練習になった。