2013-01-05

130105 霧積温泉アイス

まだまだ薄い


あけましておめでとうございます。

私の年末年始は、実家に帰って親が元気かどうかの確認なので
三が日過ぎてから山始動です。

今年最初は、霧積でアイス。

霧積温泉といってもきりづみ館は、休業中だったので
正確には、

「休業中の霧積温泉(その約1Km奥の金湯館は、やってるのだが。)でまだ氷は十分育ってないけどアイスクライミング。

という記事のタイトルです(まじめなんだかくどいんだか)。

特にこのふたつの温泉旅館とは、何の関係もないのですけど
駐車場を使わせてもらうし、
この駐車場は、夜中照明が付いているし、
タダで停めさせてもらっているのだからこのぐらいの気を遣って

で、

本日、しつこくあの岩場の予定で
あの岩場の方向に向かいましたんですけど(ほんの一瞬)、
年末年始の寒さで山はさぞかしあちこちカチカチではと
その方向のまま朝6時20分に霧積温泉駐車場に着いてしまいました。
まだ暗いし外気温マイナス10度。

やりたくねー。
ということでしばらく車の中で待機している間に寝る。
もち誰も来ない。

日が出てから、いそいそ支度してアイス場に向かう。

左のフェイスは、まだ氷は薄くスクリューは、長いのを使うと先っぽガリッになりそう。

右の氷柱は、下までつながってるのだが、幅は、まだ狭い2mほど。
なおかつ、すでに何人にもいたぶられてしまってボコボコ。
僕たちもこの氷柱をザクザクしたらいけないのかしらと思ってしまい、
スクリューで穴を開けると余計に傷を付けるのではと気が引けてしまった。

というこで右の氷柱は、スクリューを使わないことにして上からトップロープ、
左のフェイスはそっと登り上げロープをかける。
左のフェイスで一本アップ。

2本目から右の氷柱
氷柱をやっているときに後続の人達が来て今日は、自分たちも含めて全部で11人。

右の氷柱は、11人中僕たち2人だけ。
2人だと休む間もなく自分の番が回ってくるので昼過ぎまでには、10本ほど。
集中してどんどんできたのでアイスクライミングのムーブをかなりやりこむことができた。

午後1時過ぎ、高低差もなし、ショートルート、ルート数も少なしでいい加減飽きたし、
腕もパンプしたので帰ってきました。
隠れ橋の近く。薄すぎてまったくできない。

世の中ピーカンで超景色よかったらしい。
僕たちは、日陰でずっと同じところを行ったり来たり。

これも楽しいんだよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿