2013-01-26

130126 西上州インディアンサマー広場アイス


130127シャイアン右とアパッチ左
下部うっすーい氷

5:45 群馬県某所南寄りに集合して出発
上信越道を使い下仁田インターで降りる。

アプローチは、短いのだが、急斜面なので僕と佐藤さんは、軽アイゼンで楽々。
他のみんなは、ずり落ちながら降りる。
西上州は、雪がほとんどなく土と氷なのでアプローチに12本爪アイゼンを使うほどではない。
しかし、土が氷っているのでよく滑る。
モンベルチェーンスパイクは、取り付けもワンタッチで超便利です(別に何ももらってないです)。

7:45 インディアンサマー広場に到着
登れなくはないが薄い。
去年は、2月5日ということもあったので氷は厚かった。
http://vertical11ym.blogspot.jp/2012/02/blog-post.html
初アイスでチェロキーのもろくん

この日は、会のアイスクライミング講習ということで総勢10人。
初めての人2人。2回目の人2人。

この日ここには、僕たち以外は、2名だった。

道具の説明をしている間に佐藤さんがチェロキーにロープを張る。

能書きたれたあとカッコつけねばならんということでシャイアンにリードで取り付く。
上部の抜けが左上で細い。
ラインに沿って左に行くとすると氷の幅が狭いので足の置き場は、えぐれて岩になる。
どうするか。ここまで上に来ていれば、グランドはない。
思い切って左に体を降り出してアックスだけでぶら下がる。

岩盤にクランポンの置き場を探す。
細いクラックと逆層だが、すこし引っかけられるスタンスが見える。
アイス2度目KG氏
モノポイントの爪を引っかけ両腕で引きつける。
あとは、思い切って一気に上まで抜ける。
こういった状況だとアックスも深く刺さらない。
カチとマイクロスタンスで登り上げる感覚だ。

右奥のチェロキーがゆるい初心者の練習向け。
シャイアン、アパッチの順に難しくなるのだが、
この日のシャイアンの抜けは、アックスはアイスクライミングでクランポンはドライだった。
思い切って抜けてみれば、何とかなるのだが、
こわおもろ。なかなかない状況なのでいい経験になった。

アイスは、前腕プルプル3倍、恐怖感5倍、
リードになるとさらにその倍になって感覚が麻痺する。
それだけに身のほど知らずが惹きつけられるのは、
さらにその3倍ってのがアイスクライミングなんだと思う。

初アイスでシャイアンに取り付くマキちゃん
僕が、シャイアンにロープを張る間にアパッチにも上からトップロープが張られた。
降りてきてチェロキーに行って初めての人達の様子を見る。
苦労しながらでもみんな登り上げる。
次は、あっち(シャイアンと、アパッチ)に行くか?と聞いたら
みんなやってみたいと言う。
初めての人2回目の人達は、いきなり無理かなと思いつつ見ていたが、
テンションかけながら一人もギブせずみんなトップアウトしていた(たいしたもんだようちの会は、)。
ずっと雪が降り続いて天候は、良くなかったが、
ここまでは、久しぶりに遊んだなーって思える楽しい一日だった。

大勢でみんなやりたがっていたので終了は、16:00近くになってしまった。

あとは、温泉につかって温まって帰ろう。
ところが、この日一番肝を冷やしたのは、車での下りだった。
走り始めてすぐ滑り出す。ヤバッ。
シャイアンの僕
ABSが効きっぱなしでやっとこさ止まる。
また走り出す。
また勝手にタイヤが滑り出す。
コントロール不能になり、ガードレールに...。
うっおっおっおっおぉぉぉーーー。
直前で止まる。ふぅーだぜ。

四駆(下りに四駆は関係ないが)に一年目のスタッドレスなのだが、
氷った路面の上に薄く雪が積もって
タイヤは、雪を掴んでいるが、
その下の氷は、掴んでいない。
降雪直後なので降った雪が下の氷になじんでない。
タイヤが咬んだ雪ごとすーっと滑り出す。
まるで表層雪崩の上に乗っている状態だ。

怖じ気づいてしまったのだが、
KG氏の案で
みんなで杉の森に入って杉の葉が付いた枝をたくさん拾ってくる。
それを絨毯のようにずっと敷き詰める作戦を繰り返す。
これなかなか良かったです。
人海戦術で無事国道まで出られました。
この日、チェーンの箱が大きくてみんなの荷物を積みたいので
いらないだろうと家に置いてきてしまったが、
西上州でもあなどれん。
チェーンは積んでいきましょう。
お勉強になりました。

2013-01-19

130119 湯川アイスクライミング

今年初アイスKB君 白髪エリア真ん中

林道を歩く


5:30 群馬県南寄り集合3人
下道でまっちゃんと待ち合わせして吉井インターから上信越道に乗る。

佐久インターの近くの気温表示マイナス17℃
天気がよく放射冷却で冷えたようだ。

7:00 灯明の湯から川沿いにすすみ、林道に入ってすぐ除雪されていないので
路肩の膨らんでいるところに車を止める。

ここで準備をして林道を歩き出す。
川沿いに様子を見ながら偵察し
Y時路まで戻って白髪エリアに行くことにする。

白髪エリア一番乗り。
ここは、この日クライマーは、僕たち4人と
後から2人。
昼頃から2人だけだった。
写真を撮りに来た人が、ずっと続いて15人ぐらい来たかな。
登ってるところも撮られてました。
普段人のばっかり撮ってるのでアドレス教えておくってもらうようにお願いすればよかった。


右サイド 佐藤さん

真ん中(佐藤さん)と右(僕)の登りやすそうなところからリードでロープを張る。

氷は、しっかりできているが部分的には薄いところがあり、
BDエクスプレス青16cmと黄色13cmを使いわける。
下から見てわからなかったが、登り上げて斜度がゆるくなると氷がない。

雪を払いアックスを湿った土に刺して登り上げる。

反対側は、一番上が凍っておらず、土が出ている。
リードでやるとしてこの部分をどうするか。
岩でなく柔らなそうにも見えるのでリードは無理そう。
時間があれば、回り込んでトップロープで遊べればおもしろいと思ったが、
午後2時 この日は、会の新年会なので終了。

冬の間は、800円が500円だそうで、
灯明の湯で風呂に入る。
大きな日帰り温泉施設ではなく旅館のお風呂なのでそう大きくはなかったが、
風情が好きな人にはいいかもです。

夜7時の宴会にギリギリセーフ。
翌日仕事だったので1次会で帰るつもりが、
美女二人に両脇を捕まれて2次会に連れ込まれてしまった。
おまけに美魔女その1にじくじくといじめられてしまった。

俺、普段なんか気になるようなこと言ってたのかなあ。
言った覚えはないけど、いじって遊んでた覚えはある。いけなかったかしら。

反対側






2013-01-13

130112-13 八ヶ岳

F2:おにゅーのソフトシェルのまっちゃん

































1月12日13日にかけて八ヶ岳で会の合宿
一泊二日で合宿ですか?となりそうだが、
必ずしも土日祝祭日が休みの会員ばかりではないし
どこかで多くの会員が参加できる日程の折り合いをつけるとこうなってしまう。

1日目
午前3時会駐車場に集合。
美濃戸口でタイヤチェーンをつける。
僕の車は、4輪駆動でスタッドレスを履いているが、ここで付けることにしている。

エクストレイル+スタッドレスタイヤが立ち往生

6時30分
美濃戸口から坂を下りて急坂に差しかかったところで上を見ると渋滞?
前の車に聞いてみると止まっている車があり、30分以上動けなくなっているらしい。
しかたなく美濃戸の氷柱の入り口カーブに車を止めて歩くことにする。
歩き出してすぐ急坂で動けなくなっている車を通り過ぎる。
これがなんとびっくり。
エクストレイルでスタッドレスタイヤも履いている。
急坂では、スタッドレスタイヤで氷が磨かれてしまい立ち往生するということか。

この車のせいで美濃戸まで歩くことになったが、
4輪駆動+スタッドレスタイヤでもチェーンを付けたワタシは正解だったと自己満できたし
今まで車でさっさと通りすぎていて気付かなかったが、
白樺の原生林を歩くのも気持ちよかったのでよしとした。

10時に鉱泉についてテントを3張設営し
硫黄までのハイク組とジョウゴ沢のアイス組に別れる。
僕は、まっちゃん、すずけんさん、はただんなと4人でアイス組

連休初日のジョウゴ沢

昼頃にF2
もう昼だし、連休なので混んでいると思ったが、
F2には、誰もいない。
ここでアイス初のはたさんにやってもらうためまっちゃんがトップロープを張る。
はたさんなんとか登れたし後続の人が来て混んできたので上に行くことにする。
この上は、すでにどこも順番待ちだろうと思っていたが、
乙女の滝に二人いただけだった。

ずっと天気がよかったが、乙女の滝の手前の谷筋のあたりから強風が吹き始める。
氷粒と石粒に顔を叩きつけられながら乙女の滝からナイアガラに行くと誰もいない。
ここでロープを張って練習することにする。
先月来たときより大きくて固く凍っている。

ナイアガラのすずけんさん。カッチカチでした。
ノミック使いだし

今日からノミックを使ったが、
今までのBDリアクターと違う。
ノミックは、食いこみの角度が鋭く斜度がきつくなるほど打ち込みやすいのだが、
リアクターより135gほど軽い。
リアクターは、アイスアックスでは重いほうなので打撃力がある。
この違いに慣れていなかったのか抜けののっこしの斜度が水平に近くゆるくなったところで弾かれてしまい落としてしまった。
リードでアイスアックスを落としたのは、初めてのことであせる。
もう一本のアックスで体重を支えてスクリューをねじ込みロアーダウン。
登り返してロープを張ることができたが、やばかったす。

はたさん初アイスでトップロープとはいえさすがに垂壁は、登れず途中断念。
すいている初心者向きエリアは、普通ないので練習にはならなかったかもしれないが、
ゆるいところときついところの体験ができたということにしてもらいましょう。
一人2本ほどで終わりにして降りることにする。

帰りF2に差しかかったらまた何組か取り付いていた。
結局連休初日のこの日は、F2の上に入ったのは、僕たちと乙女の滝にいた二人だけだった。

F2までは、混むがその上に行く人は、あまりいないということか。



2日間ともいい天気でした。

変温動物?

テン場まで戻って晩ご飯
アイスキャンデー後ろの小屋でみんなでキムチ鍋を食べる。
小屋といっても入り口は、解放されており外気温そのまんまでマイナス10度
体の芯まで冷えてしまったようでつらくなり、さっさとシュラフに入って寝る。
シュラフは、マイナス18度対応なので温かいわけなのだが、
一晩中ふるえが止まらず、翌朝起きてもつらい。
呼吸をしているのがやっと。
どうにもこうにも動けないので待機させてもらうことにする。
みんなは、赤岳にハイクアップに出かけたが、
一人シュラフの中でふるえながら固まる。
やばいと思っていたが、3時間ほどしたら天気がよかったせいで
どんどん温かくなってテントの中は、0度まで上がる。
シュラフの中もポカポカ暖かくなって体温も上がり、動けるようになる。


どうやら僕は、変温動物らしい。


体を動かしてみるとすっきりしてきたので急いで荷物を整え
みんなと逆コースで迎えに行くことにする。
地蔵尾根の真ん中あたりで落ち合い一緒に戻ってきた。

テン場まで戻り撤収。

今回僕的には、いいことなかったなあ。まあ、こういうときもある。


2013-01-06

130106 榛名山黒岩

今日は、予定はしてなかったけど
昨日の帰りに佐藤さんとやりますかとなって他にも声を掛けて

スズケンさんと3人で榛名山黒岩。

気温0度
ここのところ一番温かい。

アヒル
ボランティア
またアヒル

他のふたりが用事があって早く帰るとのことで3時に終了。
3本だけだったけど今日もボランティアもアヒルもリードで登っていい気分でした。

2013-01-05

130105 霧積温泉アイス

まだまだ薄い


あけましておめでとうございます。

私の年末年始は、実家に帰って親が元気かどうかの確認なので
三が日過ぎてから山始動です。

今年最初は、霧積でアイス。

霧積温泉といってもきりづみ館は、休業中だったので
正確には、

「休業中の霧積温泉(その約1Km奥の金湯館は、やってるのだが。)でまだ氷は十分育ってないけどアイスクライミング。

という記事のタイトルです(まじめなんだかくどいんだか)。

特にこのふたつの温泉旅館とは、何の関係もないのですけど
駐車場を使わせてもらうし、
この駐車場は、夜中照明が付いているし、
タダで停めさせてもらっているのだからこのぐらいの気を遣って

で、

本日、しつこくあの岩場の予定で
あの岩場の方向に向かいましたんですけど(ほんの一瞬)、
年末年始の寒さで山はさぞかしあちこちカチカチではと
その方向のまま朝6時20分に霧積温泉駐車場に着いてしまいました。
まだ暗いし外気温マイナス10度。

やりたくねー。
ということでしばらく車の中で待機している間に寝る。
もち誰も来ない。

日が出てから、いそいそ支度してアイス場に向かう。

左のフェイスは、まだ氷は薄くスクリューは、長いのを使うと先っぽガリッになりそう。

右の氷柱は、下までつながってるのだが、幅は、まだ狭い2mほど。
なおかつ、すでに何人にもいたぶられてしまってボコボコ。
僕たちもこの氷柱をザクザクしたらいけないのかしらと思ってしまい、
スクリューで穴を開けると余計に傷を付けるのではと気が引けてしまった。

というこで右の氷柱は、スクリューを使わないことにして上からトップロープ、
左のフェイスはそっと登り上げロープをかける。
左のフェイスで一本アップ。

2本目から右の氷柱
氷柱をやっているときに後続の人達が来て今日は、自分たちも含めて全部で11人。

右の氷柱は、11人中僕たち2人だけ。
2人だと休む間もなく自分の番が回ってくるので昼過ぎまでには、10本ほど。
集中してどんどんできたのでアイスクライミングのムーブをかなりやりこむことができた。

午後1時過ぎ、高低差もなし、ショートルート、ルート数も少なしでいい加減飽きたし、
腕もパンプしたので帰ってきました。
隠れ橋の近く。薄すぎてまったくできない。

世の中ピーカンで超景色よかったらしい。
僕たちは、日陰でずっと同じところを行ったり来たり。

これも楽しいんだよ。