2012-06-30

120630 榛名山黒岩

アヒル5.11c 核心後これからクリップするところ

週末は、混むし僕たちがやりたいルートで他にやりたい人がいれば譲ることにしているので
早朝7時から練習することにした。
声を掛けたら高橋君、ふかちゃん、まきちゃんが来てくれた。

ふかちゃん、まきちゃんの練習用にチェスに高橋君がロープを張る。
続いて僕がトップロープで登り方を教える。
これで、チェスの練習と掛け替えれば、アルカディアの練習もできる。


僕と高橋君は、ツル稜に戻る。
高橋君がリードでやりたい、でも最初落ちたら怖いということで2つ目まで僕がクリップする。
これで高橋君は、ツルのリード。
僕は、アヒルを確実にする練習。
朝練は、ふたりだけでじっくりできるのですごくいい。

8時頃から人が来だしてアヒルを2本やったところで9時過ぎたのでロープを抜いて東面に降りる。
ふかちゃんとまきちゃんがまだ続けていた。
ふたりとも朝練は、いいと僕たちと同じことを言った。

僕がチェスの左となりのボランティア5.11aを練習。
核心が前回の抜け方ができない。
オーソドックスな方法でやる。
左足ハイステップで左手をあまーいカチをとり、このホールドは保持し続けるのは無理なので
左手がはがれないうちに右足を縦三角の切れ目のところに上げて
右手を伸ばしてホールドを取る。
このからーいムーブを間髪をおかずに連続技でやる。
解決はできたが、100%確実というわけではない。
これは、やりこむ必要あり。
ボランティアは、2本。

朝早かったのでゆっくり昼休み。

午後ふかちゃんが夏子をやるのでついていく。
夏子を登って
右隣のスノードロップ5.11aの練習。
出だしの核心は、解決したのだが、
これも100%確実ではない。
なんどかとりついてやっとこさできる。
一応トップアウトしておく。

これで7本登ったので登った感は十分。
ボランティアとスノードロップは、指に負担がかかるルートだったので消耗してしまった。
回復を待つため練習岩の前に戻ってきて休む。

ふかちゃんとまっちゃんが西稜に行った。
高橋君がもう少しツルをやりたいので
ふたりがもどってくるまで話しながら順番待ち。


このあと、リードでアヒル
1本目で斜度がゆるくなる上の抜けで左手の親指がつってしまった。
やばかったのだが、クイックドロー回収のためもう一本。
合計で本日9本。
しんどかった。

家に帰ってヘトヘトでばたんきゅうでした。

2012-06-26

馬目弘仁さんとつながり


先週土曜の夕方、黒岩でうまい人ふたりとツル稜で交替で登っていた。
そのうまい人達は、5~6人の仲間と来ていて他の人達もみんなうまかった。
60歳代と思われる方でもツルをオンサイトして
「このルートは、ボルトの間隔が短いねえ。」とか、
「イレブンエーかな。」と余裕の会話を交わしていた。

その中に
まのめなんとかという有名なクライマーがいるとまっちゃんが言い始めた。
ノースフェイスの支援を受けているとのことで確かに道具は、ノースフェイスのばかりだった。
ひっくり返しの大岩のサルバドール5.13aをやっていたり
午後に北面から戻ってきたときには、
エンドオブザレインボウ5.12b、コーナーインザスカイ5.11bあたりをやってきたようでおもしろかったと言っていた。
夕方には、僕たちがツル稜で順番待ちをしていたときに
東面の一段上でほとんど取り付く人がいないダークサイドオブザムーン5.11aを登っていたので
下から登るのを見ることができた。
おそらく初めてのルートだろうけどなんの迷いもなくスムーズに登り上げていく。
戻ってきたときに顔をみたが、坊主頭でジミーな印象だった。
さすが実力のある人は、格好じゃないなと思わせた。

八ヶ岳あたりで有名ガイドさんを見かけることは、よくあるが、
記録に残る海外遠征をするようなアルパインクライマーには、会ったことがなかったので
なんとなく気になり今週になってノースフェイスのサイトを開いてみた。

出てきた。

独自のスタイルで冬壁の可能性を追求し続け、
世界各国の極地で限界に挑み続ける“馬目 弘仁”

とある。
すごい人だったんだ。

他のページEXPEDITIONには、プロフィールがあった。

あれ、同じ地方の出身だ。
しかも高校時代山岳部とある。
あの地域で山岳部のある高校って僕の出た高校ともう一つしかなかった。
試しに「馬目弘仁」と僕の卒業した高校名を入れてググってみる。

びっくり。
どうやら僕と同じ高校の山岳部の出身だ。
世間は狭い。
まさかこんなつながりがあるとは思ってもいなかったので会話をしなかった。

僕の高校は、福島県といっても太平洋側なので1000m未満の低い山ばかり。
登山をするための環境が、よいわけではない。
僕自身は、ちゃらんぽらんでダメな部員だった。

今からでは、実力をつけるのも実績を残すこともたいしたことはできないが、
山では、
知らない人とでも仲良くしないといけない、
恥ずかしくないようにもしとかないとと思った。

2012-06-24

120624 榛名山黒岩

涼しい天気だし、さすがに日曜は、混む。

夏子5.8
ツル5.11b
今日は、舞姫5.11bを落とそうと思ったが、すでに取り付いていた。
東面は、ひととおり取り付いているので南面を西に登っていき
西18番ルート5.11aに向かう。
前の人がちょうどトップアウトして
裏から懸垂で降りるところだったので取り付いていいか声を掛ける。
OK。
ここは、登れれば、景色がよくて気持ちいいルート。
登れないと上に行くほどグレードが上がって高度が出てくるので怖いルート。
下から5.8→5.95.105.11と難しくなっていくのでへたなりにできるところまで取り付ける。
黒岩ではメジャーではないが、お勧め。

西18番には、たっぷりチョークが付いていた。
高橋君とロアーダウンするときは、必ずブラシでチョークを落とす癖をつけるようにしようと決める。

空いているところを探して月下美人5.11a
今日は、すべてリードだった。

ツル稜は、午後からずっと県外の人達が順番に取り付いていて待っていたのだが、
結局最後には、雨が降り出してできなかった。
僕たちは、地元だから遠くから来ている人達に譲ることにしているのでまったくかまわない。


高橋君とメールで
週末にツル稜に集中して取り付くには、早朝から出勤しようとなった。

2012-06-23

120623 榛名山黒岩

アヒル5.11c核心の自分です。

黒岩は、久しぶりにさわやかな天気。

アップでツル5.11b
トップロープでアヒル5.11cなんなくトップアウト。
月下美人をリード5.11a
もう一本トップロープで月下美人

午後から
アヒルをリードでレッドポイントトライ。
佐藤さんが、アヒルのレッドポイントの時は、ムービーを撮ってくれると言っていたので頼む。
あっさり落とせると思っていたのだが、そうはいかなかった。
1便目核心をクリアしたところでホールドから手がはずれる。
2便目明らかに力みが出てしまった。
核心後の左上で手が届かずテンション。
上に抜けるところでクリップできず3メートルほどフォール。

ここらで夕方から用事がある人達が、帰り出す。
ツル稜には、遠方から来ていたうまい人ふたりと
高橋君と僕だけになってしまった。
うまい人達がアヒルの核心で苦労していた。
自力で解決しようとしていてどうも無理だなというときに教えるべきか、悩むところだが、
目があったのでホールドの使い方を教える。
アヒルの核心は、教えてもらって頭で理解できてもなかなかできるものではないのだが、
ふたりとも一発でクリアしていく。

ふたりが休憩を取るので
自分達の番になった。
すでに今日6本やって腕に疲れが出ていたが、
最後の一本と気合いを入れてトライ。
核心後の左手を飛ばすところで下からガンバの声がかかる。
核心はテクニカルだし、核心後の後半からがパワーを要するストレニアスなのでしんどい。
アヒルをトップアウトするとそれがわかるのでここでガンバの声が出るのだ。
ギリギリで届く。
上に抜けるクリップもギリギリ。
あとは、気合いだけ。
3便目で落とせた。
人の少ない静かなツル稜だった。
当然ムービーも撮っていない。
人生ってこんなもんなんだね。

これで僕の所属している会の現役会員でアヒルをレッドポイントしたのは、6人目。
まだまだ上にいるのだ。

ふかちゃんとまきちゃんがロープワークの練習を終えて練習岩の前から降りてきたので
うす暗くなりつつある中、高橋君と3人が順番にツルに取り付く。
居残り練習。夜7時までがんばった。

ムービーは、取り付きたい課題は人それぞれ違うし、
撮り役が必要となるし負担になる。
思ったほど撮れないのだが、少しずつアップしていこうと思う。

2012-06-17

120617 黒岩

西18番ルート5.11a 下部はまだ濡れていたが一番早く乾く。

5/20以来の外岩。
外岩にいきたくてむずむずしていた。
朝黒岩に向かう途中で土砂降りの雨。
天気予報では、段々よくなってくるのでかまわずむかう。
9時過ぎに着いたが、どこもびしょ濡れ。
かぶっているところも上から伝ってくるしずくで濡れている。
ただ、雨が上がってきたし、まだ他のメンバーも来ていないので待つことにして南斜面を見てくる。

一本目は、びしゃびしゃでも登れる岳友会を登ることにする。
といっても岩には、水が流れていて
岩にさわると腕から水が伝ってきて袖の中まで入ってくる。

岳友会を降りるときにトップロープなら何とかなるかと思い、
ツル稜にロープを張る。
アヒルに取り付いてみるが、濡れていて指も足も抜けてしまう。
かえって危ないので断念。
乾くまで待つことにする。

西奥の西18番ルート5.11aが乾き始めていた。
ここと西稜は、ルートの上がないので上から浸み出しが続くことはない。
さらに西18番は、南向きで全体に凹凸が少ないのでこの岩場で一番乾きやすいようだ。
去年の秋にやって以来なのでどうやって登るんだったか忘れてしまった。
わからなくても自分でさぐって解決して登れるほど実力はない。
核心でテンションを掛けて師匠に確認。
手足の順番が違っていた。
やり直してみたら、あっさり突破。
自分の記憶力のなさには、ほとほとまいります。

一番下にメモしておく。
オンサイトをねらう人は、読まないように。

戻ってきて昼食。
他の人達が、岳友会の隣の月下美人をやっていたので
自分達の食事が終わり、降りてくるのを待って
とりつく。
4/28以来だが、今日は、余裕で登れた。
3つめのボルトは、ボルトの下の小さいカチで支えてクリップ。
これまでは、左端のガバをとってから右手を伸ばして掛けていた。
力がいるけど距離的には近い位置で掛けられる。


この後、
ジムで時々会う若手の人達と8人で交替交替でツル稜。
自分は、アヒルを3本。
7時までがんばって黒岩の駐車場に戻ってきたのは、7時15分位、うす暗くなっていた。

久しぶりの外岩。
すっきりして心晴れ晴れ。
やっぱ外岩は、いいね。
そろそろ虫除け対策した方がいいみたい。


西18番ルート核心
核心の上部テラスで右寄りに立ち
右手と左手を小さな逆ハの字になるようなカチをとる。
右ひざの高さの5mm位のスタンスに乗る。
左足は同じぐらいの高さだがやや遠くのやはり5mmぐらいのスタンスに乗る。
小さいスタンスとカチホールドなので微妙なバランスをたもったままで
5cmほど出ているひさしの下に指を突っ込む。
右手でも左手でもどちらが先でもやりやすい方でかまわない。
ひさし下にもういっぽうの手を添えて
左足を腰ぐらいの高さで少し左に遠い突起にハイステップ気味に乗せる。
左足に体重を乗せてボルトの上のホールド(下からは見えにくい)を左手で取りに行く。
このホールドががっちりとれるのでここでクリップ。
核心終了。

5.11の難しさは、ここだけ。
このルートは、最初5.8もない位でスタート。
上に行けばいくほど難しくなってくる。
核心のテラス前が、5.10dぐらいかな。

2012-06-16

120616 ジム

この日も予定は、外岩だったが、
降水確率80%の天気予報通り。
朝起きて出かける前に断念。
ここのところ、週末になると天気が悪いような気がする。

昼過ぎから高橋君とジム。
リード壁の黄色×や大会で女子高生がオンサイトしていたルートなどをやる。
少し進歩。

あしたこそは、なんとしてでも外岩にいきたいので
ほどほどの疲労感程度にしてやめておいた。
練習なのだからとはいえ、広いところで登りたい。

2012-06-10

120610 谷川岳オジカ沢の頭



追悼山行
年に1回行われている山岳会の行事だ。
50年近く歴史のある会で
山で亡くなっている会員が何人かいる。

今年も谷川岳の国境稜線を西に向かったところのオジカ沢の頭に行ってきた。
ふたつのパーティーに分かれ、
オジカ沢の頭の遭難地点で線香をあげてきた。
西黒尾根-肩の小屋-国境稜線-オジカ沢の頭-往復
天神尾根-肩の小屋-国境稜線-オジカ沢の頭-往復
僕は、西黒尾根。
朝からずっと雨の中レインウェアを着ての行動だった。
下りの西黒尾根で天気が少しずつよくなってきて
雨の中歩いたご褒美をいただいた。
マチガ沢から西黒尾根にかかる虹。

2012-06-09

120609 ジム

予定は、外岩だったが、
本降りの雨で中止となり昼からジム
開店と同時に入ったのだが、すでにたくさんの人がいた。
ジムの人に聞いたら
高校生を中心にしたジュニアの大会が行われているとのこと。
ボルダリングの練習をしながら、
観戦させてもらった。
真剣にトライしている姿っていいですね。
あとで大会に設定されたルートの簡単な方(グレード不明)をやってみたが、なかなか難しかった。

2012-06-03

120603 黒岩

土曜日栃木県の益子町に泊まりで出張。
宿を朝6時に起きて黒岩にむかう。
8時40分頃黒岩に着いたが、誰もいない。
9時過ぎにみんなが来て一本目に取り付こうとしていたときに雨が降り出す。

中止にしてジムに向かう。
今日の収穫。
かぶった方の黄色テープ5.11bを3便目に落とした。
以上